そらち★ヤマの記憶だより

あなたの知らない空知の情報をお届けします!

「てくてく美唄炭鉱」に参加しました【前編】

2017/05/21 [Sun]20:05
category: 炭鉱の記憶
5月14日(日)、アルテピアッツァ美唄さんによる、
「てくてく美唄炭鉱 ‐東美唄フットパス編‐」に参加してきました

今回は北見、小樽、北広島などから、15名が集まりましたよ。
マネジメントセンターからは、らいだぁと、ぼーいっしゅが参加。
アルテピアッツァ美唄に集合し、てくてくスタートです

IMG_1856.jpg

東美唄地区は、大正2年に開坑した飯田美唄炭鉱を、
三菱合資会社が買収して、大正4年に三菱美唄炭鉱が開かれた地域。
美唄川の谷山沿いに、石炭産業施設や炭鉱住宅街が発展し、
当時従業員やその家族など、約4万人が炭鉱に関わって生活をしていました

最初に訪れたのは、昭和34年完成の、旧栄町会館。

IMG_1858.jpg

お父さんが三菱美唄炭鉱で職員をされていたという、アルテの藤原さんが、
この会館で初めてバレエを見たのだそうです。
収容人数は500人、客席は1人掛けのシートという、当時の一流館をしのぐほどの立派な設備でした。
「生活に明るさを持ち、いきいきとして欲しい」という三菱の考えのもと、
従業員や家族に、文化活動やスポーツ活動支援が進められたそうです

美唄川を渡り、東明駅へと向かいます…

IMG_1861_20170521130231e3d.jpg
近くには、架け替えられた橋の土台が。昔は栄町会館からすぐの場所に橋がありました。


東明駅は、昭和23年建築。
美唄鉄道の駅として開駅し、三井と三菱の炭鉱住宅があった地域の最寄り駅として、
当時およそ3万人の足として親しまれました。
ときには20両以上の石炭を積んだ貨車が、黒い煙を上げながら美唄駅へと向かう様子は、
石炭産業の象徴とも言われたそう。
しかし、東美唄の炭鉱閉山にともない、昭和47年に美唄鉄道の廃止により廃駅となっています

IMG_1863.jpg

この日は、東明駅保存会のご協力をいただき、駅舎内を見学できました

IMG_1868.jpg
長栄堂、タケマツ、阿部呉服店、どれも現役営業しています!

なんとこの日は、駅員室側も見せていただきましたよ
発車時刻表…始発は遅いけれど、終電もけっこう遅くまでありますね
藤原さんによると、「終電後は石炭車が通る時間だったような…」とのこと。

IMG_1873.jpg

操業当時の貴重なものが、そのまま残されています…

IMG_1871.jpg

これは…?切符入れでしょうか

IMG_1876.jpg

駅舎内を見せていただいた後は、駅舎の裏手にある、
4110形式十輪連結タンク機関車へ。

IMG_1879.jpg

この機関車は、美唄鉄道のために特注で作られ、
美鉄開業から廃線の日まで、美唄鉄道を走り続けました。
運転士の間では「水を入れたり扱いが難しいが、いざとなると頼りになるSL」と言われていたそう
現在は美唄市指定文化財となっています。

それでは、美唄鉄道の線路跡(現在はサイクリングロード)へ入ります。

IMG_1884.jpg
左右にはホーム跡が。3車線だったそうです。

これから我路駅までおよそ3.7kmを歩きますよ~
風が涼しくて、なかなかのフットパス日和です♪

しばらくサイクリングロードを歩いていると、
左手側に大きな漏斗型の原炭ポケットが見えてきますよ。
こちらは、三井美唄炭鉱第2坑選炭場跡

IMG_1890_20170521130330f5b.jpg

川向いの滝ノ上から索道を通って運ばれた石炭は、ここで選炭され、
その後ズリは原炭ポケットの裏手の山へ運ばれたそう。
は盤の沢神社近くの山ですが…上から二つ目の稜線あたりに、そのズリ捨て線があったのだそう。

IMG_1894_20170521130331bcf.jpg

その後は、盤の沢神社を目指します。
神社は高台の上。けっこう傾斜が急な石段を上がっていくと…
山の神様が祀られている、盤の沢神社が。
後ほど、商いの神様が祀られている我路神社も出てきますので、違いを比べてみてくださいね

IMG_1898_20170521130333d0e.jpg

東美唄地区は、炭鉱が操業されていた地域。
盤の沢神社は、炭鉱の安全を守り、炭鉱街の暮らしを守っていました
敷地内には馬頭観世音の碑も。
鉄道が普及する以前、運搬などの手段となった馬を祀っています

IMG_1899.jpg


盤の沢神社を後にして、再びサイクリングロードへ。
周辺では露天掘りが行われており、道の脇の排水路のような水流には微粉炭を見ることができます。
美唄川も、炭鉱操業当時は真っ黒だったそう

IMG_1901.jpg

空知の様々な地域で、炭鉱まちではこのような川の微粉炭をすくって、燃料として使った家庭もあるそう。よく「沈粉(チンプン)」という言い方でお話を聞きます!
その沈粉を使えば…もちろん燃料代はタダです

そして、ホーム跡が見えたら…
盤の沢駅に到着ですよ!

IMG_1902_20170521130408930.jpg

盤の沢駅は、大正14年に、滝の沢発電所従業員のために開設されました。
滝の沢発電所は、盤の沢駅から美鉄線路を挟んで反対側(川側)に位置し、
なんと三菱美唄の全山の電気を供給していました
美唄川沿いにはびっしり炭住が建ち並んでいたといいますが、
そのどの家も電気代は無料だったのだそう

そして盤の沢駅まで来ると…
およそ1.7kmで我路へ。

IMG_1911_2017052113041142f.jpg

ここからも見どころたくさん…なのですが、
ちょっと長くなるので、また後日に【後編】をアップいたします

なにしろ、10kmのフットパス 折り返し地点にもまだ着いていません
この後も、てくてくは続きますよ~

(ぼーいっしゅ)
関連記事
trackback --   Comment (0)   編集

この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する