そらち★ヤマの記憶だより

あなたの知らない空知の情報をお届けします!

赤平に炭鉱キッズ(候補生)がやってきた♪

2017/06/29 [Thu]18:00
category: 炭鉱の記憶
こんにちは~!
まだまだご来訪の方皆さんに「はじめまして~」と挨拶しているカニですv[゚ー゚]v

わたくしカニは赤平から来ているのですが、赤平では普段「赤平コミュニティガイドクラブ“TANtan”」のメンバーとして活動しております。

19551708_821509218009403_1941962910_o.jpg
▲顔が丸い…。

この炭鉱の記憶マネジメントセンターとも縁が深いTANtanですが、昨日はそんなご縁もあって砂川小学校の5年生、54名が赤平の炭鉱遺産を見学しに来てくださいました…!!

カニもTANtanメンバーとして同行させていただいたのですが、発端はマネジメントセンターのライダーさんが小学校の先生と以前から関わりがあり始まったので、今年もまた!という話になりライダーさんも同行で来ていただく流れとなったのでした。

今回来ていただいたのはなんと「石炭と炭鉱」というテーマでの学習の一環!なんという素晴らしいテーマ…!!このような「地域の歴史や文化」を掘り下げるようなテーマを初等教育で扱うことは郷土愛を育むことにも繋がるのでとっても素敵ですよね

炭鉱女(ヤマガール)を自称しているカニですが(ガール!?)、きっとこういう授業によって炭鉱キッズたちが生まれてくるんですね~!!


0629kani.jpg


昨日はまずは資料館でキッズたちをお出迎え!
こちらの資料館は既に閉校してしまった「住友小学校」内に入っている資料館で、普段は解放していないため内部に入ることはなかなかレアで、キッズたちと共に私たちメンバーも思わずテンションが上がります

0629kani2.jpg

膨大な資料の中にはこんな精巧な構内図(立体!)もあり、炭鉱好きなら絶対にハマる資料館です(*ノ∪`*)
ちなみにキッズたちは防爆電話にテンションが上がっており、我々とは目の付け所が違う…と思っていました。

普段は公開しておりませんが、教育目的のツアー等の際は開けてくれているようなので、資料館の見学をご希望の方は赤平市の教育委員会にお問合せしてみてくださいね。


そのあとはお待ちかねの旧住友赤平炭鉱立坑やぐら&ヤード内の見学です!

0629kani3.jpg

何度見てもうっとりしますね・・・(*´~`*)


ご存知かとは思いますが、この旧住友赤平炭鉱は昭和13年に開坑、立坑やぐらができたのは昭和38年。平成6年の閉山まで動いていた赤平を代表すると言ってもよい大きな炭鉱でした。キッズたちもこの迫力あるヤードから、炭鉱の力強さや雰囲気を感じ取ってくれたでしょうか。

また、今回は「坑口浴場」も併せて見学でした!

0629kani4.jpg

炭鉱マンがここで着替えて地下通路を通って出勤、仕事が終わるとまた外を通ることなくお風呂に入って着替えることができたというこの坑口浴場。ドイツ式の「吊りかご」に衣類を入れてぶら下げておく方式の更衣室の説明を受け、キッズたちも「いい湯だな~」と言いながら楽しく見学をしていただけたようです。

その後は炭鉱内で動いていた実際の機械類を展示している「自走枠工場」の見学だったのですが、キッズたちのテンションはマックスに!!

19551411_821509444676047_2072552787_o.jpg

実際に機械に触れる!乗れる!動かせる!!

ということで、「コールピック、使ってみたい人~!」と募ると「はい!」「はい!!」「はい!!!」と全員が大声で挙手をするくらい、キッズたちの目がキラッキラに輝いていました…!!

19532885_1370010693086236_882696724_o.jpg

こうして赤平市内の炭鉱遺産を満喫する時間も終了し、キッズたちはそれぞれに発見と疑問を胸にお帰りになりました。しかし本当にその積極的に疑問を発見しようという姿勢や、きちんと整列しきちんと挨拶する姿に惚れ惚れとしてしまいました(//>ω<)

19619118_1370011389752833_1046617558_o.jpg

最後にはご丁寧にお礼をいただき…

19549758_1370012643086041_1494133308_o.jpg

私たちも「また来てね~!」「気を付けてね~!」とお見送りをさせていただきました。このあとキッズたちは赤平のズリ山階段「777段」を登ったりと赤平を満喫されたようですよ~♪


こうしてマネジメントセンターとTANtanの繋がりによって、また小さな仲間たちと繋がることができたことに感謝ですね
これからもどんどん炭鉱好きを増やしていけるよう、TANtanとしてもマネジメントセンターのスタッフとしても活動してまいります~!!
関連記事

この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
→http://yamasoratan.blog62.fc2.com/tb.php/2515-e84cc84b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)