そらち★ヤマの記憶だより

あなたの知らない空知の情報をお届けします!

奔別炭鉱のゲート開放します!

2017/07/13 [Thu]17:12
category: 炭鉱の記憶
ゴールデンウィーク期間の5/3~5/7まで、奔別炭鉱のゲートを開放したところ、
なんと529名の方が来場されました!!
予想を超える人数でした…

そこで…
再び、今度は夏休み期間に「奔別炭鉱のゲートを開放」します

日程は、
7/22(土)、23(日)、29(土)、30(日)
8/5(土)、6(日)、12(土)、13(日)、14(月)、15(火)、26(土)、27(日)

時間は、11:00~15:00までの4時間となります。


入口から少し進んだ場所にコンテナがあります。

DSC_1854 (1024x768)

コンテナには受付係員がおりますので、お名前等、ご記入頂きます。

そしてここでは立入り可能な場所、立入禁止の場所をご案内いたします。

DSC_1859 (1024x728)

石炭積出施設(ホッパー)

精炭された石炭を一番上の部分に貯蔵しておき、カラの貨車が入ってきたら石炭を貨車に落とし、山もりに石炭を積んで引き込み線から幌内鉄道にのって運ばれていきます…!

DSCN3459 (1024x766)

上の画像のやじるしが示す四角部分の上が石炭の貯蔵場所。
ワイヤーのようなロープで引っ張って、四角部分を開閉する仕組みになっています。


こちらが立坑櫓!!

DSC_1855 (768x1024)

国内に現存する最大級の高さ、約51mあります。

ゴールデンウィークの公開中には、「奔別炭鉱の関係者だった」方もいらっしゃいました。
その中で、お祖父さんがここで働いていたんです…という女性から、大変貴重な写真をご寄贈いただきました

IMG_1270 (278x350)

なんと…、
こちらは炭鉱が閉山し、密閉作業をする前日に撮られた写真だそうです。
炭鉱の職員の方々で集合写真を写されたようです。

今では、日本の近代化を進めた炭鉱の歴史を、後世に伝えるまちのシンボルとなっています

夏休み期間中もぜひ、多くの方に見に来て頂きたいと思います


(OLでした)
関連記事

この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
→http://yamasoratan.blog62.fc2.com/tb.php/2525-a6947da9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)