そらち★ヤマの記憶だより

あなたの知らない空知の情報をお届けします!

炭鉱が舞台の映画がありました!

2017/07/20 [Thu]23:41
category: 炭鉱の記憶
先週末は各地でイベントが続きましたね
暑さもちょっとひと休みのところで…、
ゆっくり映画鑑賞でもいかがでしょう??

先日、会員さんからご寄贈頂いた2本のDVD。
炭鉱に関係しているから、マネジメントセンターで閲覧用にどうぞ」との事。
いつもありがとうございます

まず1本は、明治中期の筑豊炭田地帯が舞台という、東映任侠映画
「日本女侠伝シリーズ」

DSC_2222 (761x1024)DSC_2224 (768x1024)

主演が藤純子、共演は高倉健の「日本女侠伝」シリーズ第4弾。
「夫を追って北九州の炭鉱にやって来た主人公だったが、夫が事故で亡くなり、ていは女ながら男たちとの争いに身を投じることになる…」というストーリーのようです。

まだちらっと見ただけなのですが、映画の中で主人公の炭鉱名は「平野炭鉱」といったり…
高倉健は川船頭「吉岡組」の組頭だったり…と‥
聞き覚えのある名字が出てきてビックリ

明治の九州の炭鉱はこうだったの!?
え〜??という場面もありますが、
まぁ‥任侠映画ものですからね…💦


そしてもう1本
こちらは、アメリカの炭鉱町に住む青年が主人公の、衝撃の青春グラフティ
「ディア・ウェンディ」

DSC_2223 (768x1024)

冒頭に、立坑へ入り、ケージに炭鉱マンが乗るシーンがありました。
赤平の立坑見学をされた事のある方なら、「あ〜、同じ、同じ!!」と思うでしょう
炭鉱の機械や道具は、世界共通ですね。


この2本はマネジメントセンターDVDコーナーに置いてありますので、
気になる方は観に来てくださいね〜

(OLでした)
関連記事

この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
→http://yamasoratan.blog62.fc2.com/tb.php/2531-11e68886
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)