そらち★ヤマの記憶だより

あなたの知らない空知の情報をお届けします!

明日は札幌市資料館でトーク!「吉田 勲氏×井上博登氏の赤平住友炭鉱と坑内模式図の話」

2017/08/10 [Thu]14:58
category: アート
8月6日から、札幌国際芸術祭が開幕しましたね
今年はいわゆる「美術作品」として作られた作品展示ばかりでなく、
レトロスペース坂会館、北海道秘宝館、木彫り熊コレクションなどから、
北海道・札幌のローカルな文化を伝える品々も出品されており、
かなりユニークな祭典となりそうです

20170810.jpg

そんななか…このブログをご覧のみなさんは、もうご存じでしょうか?
札幌市資料館では、8月17日(木)まで、限定公開
住友赤平炭鉱坑内模式図が展示されています

20615548_899998183487873_4628230223385235400_o.jpg
上遠野敏さん提供

全長約20mにもおよぶという、この坑内模式図は、
住友赤平炭鉱坑内すべての坑道を記録したという、マスター版の図面。
全長200キロメートルの坑内を図面に収めた、まさに「炭鉱の羅針盤」といえるもので、閉山まで使用されました
坑内測量職員がどのように作業を進めていくのかをこの模式図によって判断するという、
大変重要な役割を担っていたのだそうです

展示室のメインタイトルは
「アートはこれを超えられるか!」

産業活動のための図面が、炭鉱閉山後は実務的な機能を失った今、
ひとつの「絵画」としてこの模式図を見ると、
『北海道の絵画史の書き換えを余儀なくされるほどの逸品(公式サイトより)』として
その圧倒的な迫力と、複雑な坑道表現の美しさを、見る者に訴えてきます
りじちょーからも「ぜひみなさんにご覧いただきたい一品です!」と太鼓判

======

そして、明日11日は、トークイベント
「北海道の三至宝 アートはこれを超えられるか!」
が、札幌市資料館 研修室で開催されます



今回の展示の企画者である上遠野敏さんが、北海道の三至宝として、
住友赤平炭鉱坑内模式図と、昭和新山火山画、北海道木彫り熊をテーマに、
専門家をゲストにお招きしてトークを繰り広げます。

坑内模式図にまつわるゲストは、
1960年から住友赤平炭鉱で測量や地質調査を担当されていた吉田勲さんと、
現在、赤平市教育委員会で炭鉱関連の文化財保護を担当されている井上博登さん
という、豪華な専門家のお二人です

トークは13:30から(赤平の話は15:50頃から予定)、
事前予約不要入場無料です
坑内模式図自体、普段は一般公開されないもの…
これはまたとない機会になりそうです。ぜひお見逃しなく

展示とトークについて詳しくは、
札幌国際芸術祭の公式HPをご覧くださいませ♪
展示についてhttp://siaf.jp/projects/3-shiho
トークについてhttp://siaf.jp/event/7701

(ぼーいっしゅ)
関連記事
trackback --   Comment (0)   編集

この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する