そらち★ヤマの記憶だより

あなたの知らない空知の情報をお届けします!

23日(土)は芦別、24日(日)は沼田 

2017/09/21 [Thu]10:30
category: 炭鉄港−北の近代三都物語
ぷらぷら歩きは後半戦に入ります

今週末の23日(土)は、芦別

テーマは「いにしえの油谷炭鉱 -油谷晨介が夢見た理想郷-」

油谷地区は…
最盛期には5千人を超える人々が暮らした場所です。
経営者油谷晨介の「芦別に理想郷をつくる」という想いそのままに繁栄し、芦別五山のひとつとなったのです!
暖かい家族的なヤマで、従業員への福利厚生も手厚かったそうですよ

page-0001 (903x841)
※変わりゆく様子

昭和40年の閉山の後、小学校体育館の下からと神社奥から鉱泉が湧きだし、それを利用した温泉施設が建設されました。
そこから今の、スターライトホテルに繋がるのです…!

そんな油谷地区、現在は炭鉱関連の施設などはあまり残ってないのですが…昔の写真を見たり当時の様子を聞きながらの、ぷらぷら歩きをしましょう~
ガイドはNPO副理事長の大橋二朗さん。

日時:9月23日(土) 13:00
集合場所:スターライトホテル前駐車場
住所:芦別市旭町油谷1
地図⇒こちら




そして24日(日)は、沼田

テーマは「恵比島ぷらぷら+貝化石を見に行く」

恵比島では映画ロケなどでも使われた市街地の他に、旧留萌鉄道本社に近づける所まで近づいてみるそう

JR留萌本線の恵比島駅は貨車を利用した無人駅。
かつて朝ドラ「すずらん」を撮影するため、この貨車駅舎を古い木製板で覆い、
その隣りにドラマのロケセットとして架空の「明日萌」(あしもいえき)を建てました。昭和初期の駅舎の再現…!!

DSC_2407 (948x686)
※沼田町パンフレットより

駅周辺は、建物やバス停など、昭和の雰囲気がしてなんとなく落ち着く感じ…

さらに、
沼田町には太古の北海道を物語る化石がたくさん発見されているのをご存じですか??

DSC_2408 (998x693)

貝化石のタカハシホタテのある川岸にも足を伸ばす予定…
※沼田町パンフレットより

さらにお時間ある方には、沼田町北竜にあり、昨年修復工事を終えた明治27年建造の本願寺駅逓にもお連れする予定との事で、沼田ぷらぷらは見どころ満載
ガイド役は初回の月形に続いて、石川成昭さんです

日時:9月24日(日) 12:00
集合場所:JR恵比島駅前
住所:沼田町恵比島
地図⇒こちら


JRの方は、深川11:09発→恵比島11:37の留萌行がちょうどいいです。 
戻りは、恵比島14:05発深川行がありますよ!


予約不要、参加費無料
どなたでも(NPO会員ではなくても)参加可能ですので、ぜひどうぞ!!


(OLでした)
関連記事

この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
→http://yamasoratan.blog62.fc2.com/tb.php/2579-0d29512d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)