そらち★ヤマの記憶だより

あなたの知らない空知の情報をお届けします!

ジャパンツーリズムアワード授賞式に参加しました♪

2017/09/23 [Sat]23:45
category: マネジメントセンターについて
21日から24日まで東京で行われている「ツーリズムEXPOジャパン」という「旅」の一大イベント。
21日と22日は業界・プレス関係者の日で、初日の21日は開幕式に続き「ジャパンツーリズムアワード表彰式」が行われました。

この度、国内・地域部門「部門賞」をいただきましたので…⇒2017年8月26日ブログ記事
授賞式に参加してきました〜

DSCN4510 (1024x767)

会場は東京ビックサイト。
業界・関係者の日という事でしたが、あっという間に多くの人が集まってきて…

DSCN4570 (1024x768)

ホールはほぼ満席に

DSCN4526 (1024x768)

主催者である日本観光振興協会会長のご挨拶や来賓の国土交通大臣のご挨拶もありました。
国歌斉唱もある、厳かな雰囲気…!!

続いて始まった「ジャパンツーリズムアワード表彰式」は今回受賞した団体の中から、大賞、それに次ぐ優秀賞の団体が壇上にあがり、表彰を受けました。

DSCN4519 (1024x708)

大賞を受賞したのは「阿部長商会 南三陸ホテル観洋」
2011年の東日本大震災で甚大な被害を受けた南三陸町にある南三陸ホテル観洋は、直後から被災者を受け入れ、現在ではその震災の被災者を語り部としてツアーバスに乗ってもらい、震災遺構を巡る「語り部バス」を運営しています。
おかみさんは「世界中で語り部の必要性がある。世代や国を超え、文化を継承して未来へ伝えることが大事」などと、受賞の喜びとともに、コメントされていました。

審査委員長からの総評として、
「大賞も他の賞も紙一重で、観光と文化を融合させたビジネスの展開、地域性のきわめて高いDMOの取組み、旅の新しい形を実現したビジネス展開など、いずれも素晴らしい取り組み」と仰っていました

DSCN4528 (1024x701)

私たちNPOも立派な賞状を頂きました

DSCN4588 (1024x743)

そして…
受賞団体の取組みを1冊にまとめたものを来場者の方々へ配布されていました!
他の受賞団体の取組みも大変参考になります

初日はこの後、「グローバル観光フォーラム」、「ツーリズムEXPOジャパン観光大臣会合」…などが続き、参加したいプログラムを選び、お話を聞く事ができました。



翌22日も様々なプログラムが用意されており、「国内観光シンポジウム・DMOは地域の観光を変えるか?」に参加しました。

DSCN4592 (1024x716)

ここでも大変参考になる事例や話が聞けたのですが、一番印象に残ったのは、世界遺産・熊野古道の観光を推進している団体の方の言葉「ブームよりルーツ」。
なるほどです…


午後から帰りの飛行機の時間までは、各地域の出展ブースを見学しました。

DSCN4549 (1024x763)

もちろん、北海道ブースも

DSCN4533 (1024x770)

それぞれの都道府県が、その地域を代表する「観光」を紹介しています。
大分県の別府温泉…他に群馬は草津温泉、秋田は乳頭温泉、など、温泉地の紹介が目立つ中…、

DSCN4544 (1024x754)

「産業観光」「テーマ別観光」も大きく、多くの地域で取り上げられています。

DSCN4538 (1024x757)

「明治日本の産業革命遺産」ブースもありました

DSCN4543 (1024x757)

「2018年は明治維新150周年」であり、「北海道150周年」でもあります

DSCN4546 (1024x756)

「日本遺産」に登録されている場所の紹介ブースも中央に、ドーンと
地域の歴史的魅力や特色を通じて、日本の文化・伝統を語る「日本遺産」は今、大注目!!
やはり、ルーツを知る事は、今重要な時を迎えているのでしょう…!!


空知地域と小樽、室蘭との歴史的繋がり「炭・鉄・港」は、観光として一般受けしないのでは…?とまだまだ言われる事もありますが、
今回のツーリズムEXPOに参加してみて、「地道にブレずに進めていけば、見えづらかったものが見えてくる」ような気がしました…


今日、センターに出勤すると、事務所いっぱいに花の匂い…

DSCN4598 (1024x769)

島津興業さまより、受賞祝いのアレンジメントフラワーとお祝い電報が送られていました!!
ありがとうございました
写真ではわかりにくいですが、とっても大きい花かごに、沢山の花…
ひとりでは抱えられない大きさと重さ…!
岩見沢市の花であるバラも、珍しい赤いひまわりも、本当にきれいです

他にも多くの方から、お祝いの言葉、メール、メッセージを頂いておりました。
皆さま、本当にありがとうございました


今回の受賞を機に関係者一同、より一層励んでまいりたいと思いますので、これからもどうぞよろしくお願い申し上げます。


(OLでした)
関連記事

この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
→http://yamasoratan.blog62.fc2.com/tb.php/2586-58e647c9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)