FC2ブログ

そらち★ヤマの記憶だより

あなたの知らない空知の情報をお届けします!

滝の上発電所施設群

2017/10/27 [Fri]19:45
category: 炭鉱の記憶
先日…夕張にある滝の上発電所が、選奨土木遺産に認定されました

これは大正14年に炭鉱会社の北炭が建設した、赤レンガ造りの発電所です。

※昨日の北海道新聞空知版です
DSCN5012.jpg

土木学会の土木遺産選考委員であり、NPO理事の石川成昭さんのコメントも掲載されていました!!

ここでは「落水方式」の発電が現在も行われています。
そもそも落水方式の水力発電って…
落差を利用した水の勢いで水車を回し、その回転の力で発電機を回して電気を作るシステムです。

IMG_0791 (768x1024)

炭鉱では…、
明治末期から各炭鉱単位で小規模な発電設備がありましたが、出炭量の増加に伴い電力の必要性が増して、大正時代に入って電力の供給体制が進歩を遂げました。

北炭では大正14年に滝の上発電所を、大正15年には清水沢発電所を建設しました。
夕張で発電した電気は、万字、三笠の幌内、歌志内の神威…などの北炭の経営する炭鉱に送電線で送られていたのです。
自家用の発送電設備を完備するとは、さすがは北炭…

これは数年前、内部公開の時に入らせて頂いた時の写真です!

IMG_0778 (768x1024)

発電機盤やポンプなどが残されていました。

※現在は倉庫などとして利用されており、普段は公開していません。

IMG_0777 (768x1024)

正面入口を内部から、北炭の社章を撮影してみたら…、
電灯が満月のように見えて、いい雰囲気の写真が撮れました…

外観だけでも見ごたえのある建造物ですし、周辺は自然公園となっていて千鳥ヶ滝などありますので、雪が降る前に行ってみてはいかがでしょうか??

地図はこちら⇒滝の上発電所


(OLでした)
関連記事

この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
→http://yamasoratan.blog62.fc2.com/tb.php/2611-46135612
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)