そらち★ヤマの記憶だより

あなたの知らない空知の情報をお届けします!

炭鉱とふるさと作文賞

2017/11/18 [Sat]18:23
category: 炭鉱の記憶
歌志内出身の芥川賞作家、高橋揆一郎さん。

「氷柱忌(つららき)」第十回記念として、「炭鉱とふるさと作文賞」とした賞を設定され、作文を募集していたところ…
2017年4月21日ブログ記事
受賞者が決まり、11月3日、歌志内で表彰式が行われたそうです

一般の部のテーマは「炭鉱」
小・中学生の部のテーマは「ふるさと」

道内外から75点の応募があり、入賞は32作品だそう

その…
全応募作を収録した作文集をまとめられました

DSCN5183 (1024x768)

先日、三戸会長から数冊ご寄贈頂きました。
誠にありがとうございます

一般の部で最優秀賞の高橋揆一郎賞を受賞されたのは、
「先山になった父のこと」を書いた鈴木義正さん。

夕張の炭鉱で働いていた父親を持つ子どもの想いや、炭鉱での生活の様子が描かれています。

他にも「電車は轟音と火花に包まれ」「炭坑人風呂」「この夏の夕張で」など、タイトルを見ただけで、読んでみたい…!と思わせる作品ばかり。

読んで見たい方は、マネジメントセンターまでどうぞ
スタッフにお声がけくださいね!!

(OLでした)
関連記事

この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
→http://yamasoratan.blog62.fc2.com/tb.php/2629-91b3ee18
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)