FC2ブログ

そらち★ヤマの記憶だより

あなたの知らない空知の情報をお届けします!

万字に日本一がある!!

2018/01/13 [Sat]18:02
category: 炭鉱の記憶
お正月のプレス空知に、「岩見沢の日本一」が特集されていました
いくつか紹介されていましたが…、まず思いつくものはこれでしょうか??
「百餅まつりで使われている大うす
これは直径2mを超えるもので、日本一(世界一でもありますね)!!

そして、これもそうです。
「万字のズリ山階段」
DSC_2633 (1024x736)

ズリ山階段2468段あるのが日本一なのです!!
※ちなみに、直線のズリ山階段は赤平の赤間炭鉱のズリ山階段が777段で、日本一です!
後から作った万字のズリ山階段ですが、直線部分はあえて775段なのです。

万字炭鉱閉山後、敷地の一部をズリ山を中心に万字炭山森林公園として整備されました。

20120512鉄道_万字炭山駅034 (1024x683)

総面積21haの敷地に様々な種類の樹木が植えられており、春は桜、秋は紅葉が美しく、自然の中でのんびり散策が楽しめます。
山菜やキノコを採りに入る地元の方もいます。

万字ズリ山階段

この階段を登ること、約20分で頂上につきます。
結構きついのですが…

小学校の、地域の歴史を学ぶ総合学習の一環として、子ども達と登った事もありました!

IMG_7656 (768x1024)

※駐車場が2ヶ所あるので、上の駐車場からゆっくり登ると約15分くらい…です


万字炭鉱は、明治36年に朝吹英二が所有していた鉱区を北炭が譲り受け、鉱名を朝吹家の家紋「卍」にちなんで万字と命名されました。

石炭を運ぶ手段として北炭は、夕張側へ高架索道を建設して搬出していました。
大正3年に万字線が開業されると、万字線は石炭輸送だけはなく沿線住民の利便向上、人口増加、市街地形成をもたらしました。

こちらは昭和30年代の万字線から見た、万字のズリ山です↓↓

まち3  万字線より曙町ズリ山 (640x438)
※写真は佐々木昌美さん寄贈

この頃の万字は、それはそれは賑わっていたのでしょうね…

万字炭鉱は昭和51年に閉山、万字線は昭和60年に廃止となりました…


万字炭山森林公園の利用者は特に近年は減少が著しく、2016年は前年と比べ半減の610人まで落ち込んだそうです。
ところが昨年は図らずも「V字回復」となり915人まで持ち直したそう

プレス空知の記事を読むと、こんな風に書いてありました↓↓
万字炭山森林公園を管理する岩見沢市栗沢産業振興課によると、「万字にジンギスカン鍋を集めた「ジン鍋博物館」が開館したのと、ポンネ湯の人気が高まったことが理由ではないか。」と推測する…。
炭鉱閉山後、急激に過疎化と高齢化が進んだ万字地区にとって、いずれも嬉しい話題となった。とありました!!

「ジン鍋博物館」、すごいですね
万字の入り人数に貢献しているのですね!!


雪が溶けたらぜひ万字へどうぞ!!
万字のズリ山、ジン鍋博物館、ポンネ湯…。
道中にも、朝日、美流渡、毛陽…見どころがいろいろありますよ



(OLでした)


関連記事

この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
→http://yamasoratan.blog62.fc2.com/tb.php/2665-91332b58
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)