そらち★ヤマの記憶だより

あなたの知らない空知の情報をお届けします!

砂川小学校5年生の授業♪

2018/02/17 [Sat]20:06
category: 炭鉱の記憶
先日、ぼーいっしゅは朝から砂川へ…
以前のブログで少しお話した、砂川小学校5年生50名へ、
出前授業をしに行ってきましたよ

砂川小学校5年生のみなさんは、現在「石炭と炭鉱」をテーマにした
継続的な学習に取り組んでいるところ
砂川スイートロードの歴史について学んだり、近隣の住友赤平炭鉱の見学を行ったり…
なかでも体験的な学習の機会が多く、たびたび当NPOも協力をさせていただいています

今回の授業は、9:15~12:00まで、休み時間を挟みながら3コマ。

1時間目の「石炭クイズ」は、みんなこれまで学んできているというだけあり…
石炭はどういう「あだ名」がついているか?石炭は何に使われているか?
石炭を発見したのは誰?などなど、ばっちり答えられていましたよ

さて、写真は2,3時間目の様子から…
図工室へと移動し、「石炭磨き」を行いました

IMGP7147.jpg

石炭を見たことがある5年生のみんなも、
センターから持参した「石炭細工」を見たのは初めて

CIMG4747 (800x600)
寄贈品棚にあるこれらを持参しましたよ~

休み時間から、みんな石炭細工のまわりに集まり、
「うわ、これ本当に石炭!?すっげー」と素直なご感想があがります

そして今日の見本の「石炭磨き」成果物を見せると、「えーこれ、作れるの!?」と良い反応♪
もちろん小学生でも素敵に作れますよーっ。

2018012802.jpg

さっそく、紙やすりとウエスの使い方を説明し…
「今日は石炭にたくさん触れて、きっと手が汚れると思います。
炭鉱マンたちが、坑内で真っ黒な顔や体になって仕事をしているというけど、
それってどういうことなんだろう?とみんなも想像しながら作ってみてね
と、一声かけて、スタート。

IMGP7144.jpg

みんなとっても真剣に、紙やすりで石炭を磨いていきます…
「炭鉱マンみたい?」と、顔に石炭粉を塗りはじめる男子たちに、
ときどき笑いも起こります

IMGP7154.jpg
画像は少し加工しています


「上手く削れないときはどうしたらいいですか?」
「これはやすりの番号を変えてもいいですか?」
「ねこの形みたいにしてみたいんです…」
などなど、色んな質問や相談も飛び出します。
でもやっぱり、「楽しい!」が一番のご様子。

IMGP7151.jpg

そして、だんだん「きれいに磨けました~」の声が上がってきました。
おお~、ツルツルになっていますね

IMGP7152.jpg

こちらも、凸凹とした元々の石炭の形と、まっすぐに削ったところの差が面白い
1面仕上げるのにかかる時間は、およそ20分間。
紙やすりの予備も使い切って、みんな1面か2面はツルツルにしていましたよ。
写真はいまいち…で申し訳ありませんが、
みんなが磨いてツヤツヤと輝いていく石炭は、まさに「黒いダイヤ」のよう

IMGP7153.jpg


さあ、残り時間もわずか。
不透明のペンを使ってサインを書いたり、顔を描いて、
「石炭磨き」を自分だけの作品に仕上げましょう

IMGP7155.jpg

こちらのサインは、「砂小」
石炭は釧路のものですが…
砂川の地下にも石炭層があるって、みんな学んでいますもんね♪

IMGP7156.jpg

こちらは、紙やすりを駆使して、ねこの耳を削りだしたという作品
「耳を作るのが難しかった石炭細工ってすごい」と感心していましたよ!

IMGP7157.jpg

みんな、きっと鼻の中も真っ黒になっているでしょうから…ちゃんと鼻をかんでね!と授業は終了。
給食も一緒に食べさせてもらいました

みんな楽しみながら、そして真剣に石炭に向き合ってくれた3時間。
「俺のおじいちゃんは炭鉱マンだったんだ」という子もおり、
彼らが大きくなってから、この経験から何か残るものがあると嬉しく思います

(ぼーいっしゅ)
関連記事
trackback --   Comment (0)   編集

この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する