FC2ブログ

そらち★ヤマの記憶だより

あなたの知らない空知の情報をお届けします!

写真展「4人の女性×カメラ×産業遺産」会期はあと2週間!

2018/03/14 [Wed]17:33
category: マネジメントセンターについて
今日もあたたかな岩見沢
雪がとけて、ラジオでは「なだれ注意報」も出ているほど。
センター勝手口の上では、雪庇が特大な氷の塊となり、落ちてきそうで落ちてこない…
みなさん、この時期は「頭上注意」ですよ~!

さて、ただいまセンター石蔵で開催中の
写真展「4人の女性×カメラ×産業遺産」

IMGP7689.jpg

大変好評の展示で、今日も「写真展見に来ました~」という、
初来館のお客さまが数名いらしていますが…
会期は3月31日(土)までですので、あと約2週間で終了です

遠方にいらっしゃる方、ご都合のつかない方へ、今日は会場写真をメインにお届けしますよ~!
こちらは尾崎芳子さんの作品

IMGP7692.jpg

美唄の、おもに我路地区にスポットを当てた作品たち。
尾崎さんは先日のトークイベントで、この作品について、
「見つめ続け、記録として残し続ける」ことにある使命感を持っていると語ってくれました。

IMGP7693.jpg


こちらは、前畑温子さんの作品
前畑さんは、トイカメラを買ったことをきっかけに、
カメラにはまり、産業遺産へと足を運び・・・
ついには、NPO法人J-heritageを立ち上げるまでに至りました

IMGP7695.jpg

そのきっかけは、いわゆる「廃墟」巡りをするなかで、
若者たちによって不法侵入のあった施設が、後に解体されてしまったという事実を知ったため。
産業遺産の魅力の一つに「地域の人と話すこと」と語った前畑さん。
これだけ様々な場所で真っすぐにぐっと「深く入り込んだ」写真を撮れるのは、
そういった前畑さんらしさによるものなのかもしれませんね。

IMGP7696.jpg

こちらは山口真理絵さんの作品
トークイベント当日は欠席のため、直接お話が聞けず残念でした

IMGP7701.jpg

山口さんの写真には、人が写っているものがいくつかあります。
産業遺産の場の美しさ、かつての息遣いを感じる他の作品たちとはまた異なり、
「今の産業遺産」、操業当時とはその存在する意義を変えながら、
今も人々とともにある時間の流れを感じさせてくれるよう

IMGP7704.jpg

こちらは、カニこと、大倉加奈さんの作品

IMGP7705.jpg

トークイベントではデザイナーという目線から、
「実用性を突き詰めた先にある美しさ」に惹かれると語ってくれた大倉さん。
また、写真そのものも、対象を写しただけでなく、余白を設けどこか「レイアウト」的なのが特徴でした

IMGP7706.jpg

個人的には、カニ作品「の」がお気に入りな私♪
あと2週間少々で終わっちゃうなんて、ちょっともったいないくらいです!
今回取り上げていない作品もありますので、
まだご覧になっていないみなさん、ぜひご来館くださいね

(ぼーいっしゅ)
関連記事
trackback --   Comment (0)   編集

この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する