FC2ブログ

そらち★ヤマの記憶だより

あなたの知らない空知の情報をお届けします!

貴重な絵をご寄贈いただきました!!

2018/05/20 [Sun]18:51
category: 炭鉱の記憶
上砂川の石炭画家として知られた、元炭鉱マンの早川李良さんをご存じでしょうか。

奈井江、美唄、夕張、留萌、赤平、芦別などの炭鉱で働らいていらして、
その後、じん肺の労災認定を受け…

石炭や石炭の灰・焼きズリ等を素材とした、
コール・レリーフ(石炭画) を開発した方です

上砂川に住んでいて、石炭画は、かみすながわ炭鉱館に飾られていました。
早川さんも炭鉱館にいる日が多く、私OLもお会いした事がありました!

DSCN5593 (1024x792)

早川さんの石炭画は大きく、迫力があって、炭鉱マンっぽい!!

DSCN5589 (1024x801)

スコップもアートの一部になってました!!

DSCN5590 (1024x796)

この立坑は芦別。
三井芦別炭鉱二坑の選炭施設です。

豪快な石炭画が何枚も展示されていました

早川さんは炭鉱マンならではの貴重な絵を何点も描き、道内各地で展覧会も開催されてました。
かみすながわ炭鉱館では、館内の案内ガイドもされていて、とても優しい方…という印象を持っています。

残念ながら2015年に早川さんは亡くなりましたが…
貴重な石炭画は後世に残り、「炭鉱の記憶」を次世代に伝えます!!


そんな早川さんの描かれた石炭画を、NPO会員さんがご寄贈くださいました!!
「私が持っているより、ここに置いてある方が、みんな見てくれていいでしょう」との事で…

DSCN6145 (1024x778)

タイトルは「ズリ山遠望」太平洋炭鉱


こちらの2枚も頂きました。
「翔」「静夜」

DSCN6144 (1024x714)

ふくろうが描かれています。
インク代わりに粉炭を使った、石炭版画です!!


そして、こちらの作品も頂きました

これは、早川さんと同じ、上砂川の「グループ創夢会」の橋本静男さんのアート作品!!
「グループ創夢会」を調べてみると…
文化活動によるまちおこしを目指した会で、元炭鉱マンや自営業者など町民有志が1998年に結成されましたが既に解散されているそうです。

流木や鉄くずなどの廃材で制作したオブジェの作品や、町の炭鉱遺産を語り継ぐため、坑内で使われたシャベルやランプ、写真などの展示を行ってきたそうです。

DSCN6149 (1024x768)

ずっしりと重みのある作品「杜の神」!!

DSCN6152 (1024x768)

こちらは「遊惑星」!

橋本静男さんについての詳細は調べられなかったのですが、早川さんと同じく上砂川のグループ創夢会で活躍されていた方なのでしょう!!


貴重な作品の数々は、マネジメントセンターでご覧頂けますので、ぜひどうぞ


(OLでした)
関連記事

この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
→http://yamasoratan.blog62.fc2.com/tb.php/2767-bb5c0f5d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)