FC2ブログ

そらち★ヤマの記憶だより

あなたの知らない空知の情報をお届けします!

「釧路コールマイン」入坑します②

2018/06/24 [Sun]21:09
category: 炭鉱の記憶
昨日のブログの続きです

さぁ入坑!!

捜検があり、体を「パンパン」と叩かれ、何も持っていないか確認されます。
間違って、たばこやライターなど引火するものをポケットに入っていたりしたら大変ですからね
(女性はパンパンという仕草のみです)

夕張石炭博物館では、捜検の様子をこんな感じで再現しています↓
DSCN6056 (800x600)

階段を下ると、そこには人車が待機しています。

2名ずつ座って…時間になるとゆっくり動きだし、斜坑を後ろ向きに進んでいきます。

海の底へ進むんだ~と思うと、不思議な感じです。
人車は時速20キロくらいでしょうか…約5分くらい乗っていたと思います。

そして、
人車を降りるとそこは坑内の中!!
作業現場に到着です。

空気が、
匂いが、
迫力が違います

最初に感じたのは風の強さ
ここは坑内ですから、新鮮な風を常に入気、排気をして通していなければなりません。
この場所は寒いぐらいに感じました。

坑内は鋼の枠で支えられています。
ケーブルやロープなどが、何本も何本も張り巡らされています。

安全の確保をしながら、20分くらい?歩きます。
真っ暗な中、キャップランプの灯りをたよりに足元に気を付けながら…
ひたすら列になってただ歩いていると、もうみんな無口…。

自分のいる場所を改めて考えると、「すごい場所にいるんだなぁ…」という感じ

作業現場の汚れた空気が入らないように遮断する、大きな扉が2枚あり、その向こうへ行くと…
ついに、掘進現場へたどりつきました。

※掘進現場はこんな感じです↓↓
wk02.jpg
※釧路コールマインHPより

コンティニアスマイナーという機械を動かしてみせていただきました!!
目の前で、石炭や木や石が飛び散って砕かれる迫力ある動き…
あんなに大型の機械をひとりが操作し、ほんの数人の方が見まもり、指示を出している。。。
すごい技術…。

掘進現場を見せていただいて、その後また人車の場所まで戻ります。

坑内はメインの坑道から、さらに何本も分かれていて迷ってしまいそう

途中でもいろいろな説明を受けます。
「坑道の天井には、水が入った袋が吊るされています」
これは、もしもの時、(ガス爆発や炭じん爆発の際)爆風によって袋から水が飛び散り、火力を弱める役割を果たします。
もちろん今まで使った事はないそうですが…!

狭い坑内を歩くのは、レールを跨いだり、木の上を歩いたり、ぬかるんでいるところがあったりするので、油断していると足を踏み外したり、バランスを崩したり、一時も緊張を解く事はできません!!

坑内という空間で働く厳しさを実感しました…。
1時間弱くらい坑内にいただけですが、少しの胸の苦しさや体の動きにくさも感じました。
やはり生きている現場は凄いです

人車で出坑してきた時の安堵感も味わいました…。
「おかに上がってきた…」

1-2-3-5-6-7-8 (2) (640x477)

最後に記念撮影させていただきました


着替え、(男性陣は入浴)を済ませ、

DSCN6342 (640x458)

最後に質疑応答の時間を設けていただきました。

KCMの近くには石炭火力発電所が建設される予定です。
低公害炭の提供と地産地消、
冷却水用としての坑内水の提供、
選炭水用としての冷却後温水の受水、
坑内充填材等としての石炭灰の受け入れ、
…など、KCMと釧路火力発電所は共生していくそうです


以前話してくれた炭鉱マンの方が言っていたのは、このことなんだ‥
こんな意味があったのか‥など、
実際に体験できたらからこそ、いろいろな事を感じ、学び、考えさせられ、
本当に大変貴重な体験ができました…!!


この後は、
旧太平洋炭礦の「炭鉱展示館」へ行きました。
現在のズリ山と、選炭工場の近くにあります。

DSCN5620 (718x528)

入り口には、6トンある日本一の大塊炭が、お出迎え!!

中に入ると、私たちの見学に合わせて、展示館で解説してくださる方が待っていてくれました

4-10 (2) (1024x778)

太平洋炭鉱の機械化の歴史とパネル、需要先など、石炭に関するいろいろなものが展示されています。
選炭工場や坑内の模型もあり…、
実際に見たあの大型機械、コンティニアスマイナーの模型もありました!!

DSCN6368 (1024x717)

地下へ行くと、
広さ410㎡、坑道80m、高さ3.4mの実規格の坑道があり、太平洋炭鉱で実際に使われていた機械類が展示されています。

高性能SD採炭切羽方式!!

36064074_1824410677652530_2178024035160424448_n (800x452)

自走枠(S)と、ドラムカッター(D)の組み合わせで石炭を採掘します。
※今回KCMでの私たちの見学は掘進現場でしたが、切羽現場を見れる事もあるそうです!!

見た目は小さめの展示館でしたが、中は充実、地下の機械も大型

見て、触れて、感じる、体験型展示館でした


今回の視察では大変多くの皆さまにお世話になりました。
この場を借りてお礼申し上げます
特に、お忙しい中、視察を快くお受けして頂いた釧路コールマイン(株)の皆さまには感謝申し上げます。
ありがとうございました!!

これからの私たちの活動に活かしてまいりたいと思います。


(参加者一同)
関連記事

この記事に対するコメント

Re: タイトルなし
大夕張の生き残りさま

コメントありがとうございます。
作られていたのですね…!!
とても大きな頑丈な扉でしたが、枠が鉄製だったか木製だったか…さだかではありません💦
坑内の水の袋の役目も教えていただき、ありがとうございます!!

【2018/06/28 14:17】
URL | NPO炭鉱の記憶推進事業団 OL #- [ 編集 ]


その扉は、鉄製ですか?
木製ですか?実は私それを作ってました。
そして坑内の水の袋、それもわたしやっていました。
その袋の役目は、火力を弱める他に、坑内の乾燥した空気に湿り気を与えて炭塵の舞い上がりを防ぎ、炭塵爆発を防止する役目もあるんですよ。

【2018/06/27 15:40】
URL | 大夕張の生き残り #- [ 編集 ]


この記事に対するコメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
→http://yamasoratan.blog62.fc2.com/tb.php/2793-5bd00b1c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)