FC2ブログ

そらち★ヤマの記憶だより

あなたの知らない空知の情報をお届けします!

そらち「炭鉱の記憶」で地域づくり&第一回「炭鉄港」会議

2018/07/14 [Sat]17:26
category: 炭鉄港−北の近代三都物語
13日は岩見沢市自治体ネットワークセンター・マルチメディアホールで、空知総合振興局主催の2つの会議が行われました。
まず最初は、
そらち『炭鉱(やま)の記憶』で地域づくり推進会議

そもそも、この会議というのは‥、
2007年度からの「元気そらち!産炭地域活性化促進事業」において活性化戦略が策定され、取り組む事となりました。
DSCPDC_0003_BURST20180714142259333_COVER (1280x962)
詳細はこちら⇒NPO法人炭鉱の記憶推進事業団HP
※関連資料の項目からダウンロードできます。

この戦略を策定する契機となったのが、
2005年、空知産炭地域の首長8人が集まって夕張で開催された「炭鉱遺産サミット」で、
「選択と集中」
「ネットワーク」
「ともに事にあたる」
という基本的な合意がなされました。

さらにその前、1998年度の空知支庁による独自事業を契機に、空知産炭地域で、市民による≪炭鉱の記憶≫を活用した市民運動が活発化しはじめた事が参考となっています。

そこから数えると、約20年‥!!

DSC_0001_BURST20180713125716704 (1280x930)

産炭地域、関係機関の構成員の皆さまが参加した推進会議では、
「炭鉱の記憶」に関する今年度の取組について、
炭鉄港の日本遺産申請について、
そらち炭鉱の記憶マネジメントセンターの運営実績、等が議題となり、話し合われます。

炭鉄港の日本遺産申請については、次の会議の中でご案内しますが、
まもなく発表される…

DSC_0000_BURST20180713131757929 (1280x947)

「炭鉄港」PR動画のダイジェスト版が紹介されました

DSC_0001_BURST20180713131803397 (1280x944)

約1分のダイジェスト版は「炭鉄港」のイメージの、かっこいい仕上がりになっていましたので、
全編がどのような内容になっているのかとても楽しみです!!


締めに、これまでずっとこの推進会議に関わっていらっしゃる、
北大名誉教授の角先生、札幌学院大学の太田先生から一言ずつ‥。

「記憶は資源」
「過去のないところに未来はない」
という言葉に、改めて、パワーをもらった気がします…



その後、休憩を挟み、
第1回炭鉄港推進協議会・幹事会合同会議

DSC_3123 (1280x856)

空知管内だけではなく、空知、後志、胆振の振興局、小樽、室蘭から、各まちの首長、関係部署、観光協会、商工会議所を代表する方々、民間企業・団体の方々…約80名が出席した合同会議となりました!!
催しの多いこの時期ですが、調整つけていただいて、本当に多くの方がご出席されました。

「炭鉄港推進協議会」は、日本の近代化を支え、先導してきた「空知の石炭」、「小樽の港」、「室蘭の製鉄・鉄鋼」それらを結ぶ「鉄道」の繋がりとストーリーを、
地域住民の理解と認識をこれまで以上に深め、次世代へ繋いでいき、産業遺産を活かした地域振興、
そして、関係者が一体となり、日本遺産の認定に向けた取り組みなどを進め、炭鉄港のブランド力を高めていく。
という目的で設置されました。

DSC_3126 (1280x957)

空知総合振興局の佐々木局長よりご挨拶がありました。
※後ろ姿で申し訳ありません


そもそも「炭鉄港」とは??
聞いた事があっても、中身がぼんやりとしかわからない…という方もいらっしゃると思うので「炭鉄港」とはどんなものか??

DSC_3128 (1280x989)

まずはこの会議に出席された皆さまへ、吉岡りじちょーが約30分にまとめて解説しました。
話を聞いて良かった。知らなかった内容がよく理解できた。と感想を述べていた方もいらっしゃいました。


「炭鉄港推進協議会」の会長となった赤平の菊島市長、副会長となった夕張の鈴木市長から、それぞれの思いの言葉をいただき‥、

「炭鉄港を日本遺産に」という方向性で、今後の進め方について空知総合振興局より説明がありました!!


こんなに多くの方が集まる会議、
現実味を帯びてきた「炭鉄港が日本遺産に…」という事で、
DSC_3132 (1280x871)
「やっとここまできたのだなぁ‥」と、しみじみしていたメンバー

でもでも、しみじみしてはいられませんね!!
まだまだこれから、さらにパワーアップして進めていかなければ…!!


昨日の様子がNHK動画でアップされていましたので、こちらもどうぞ⇒北海道 NEWS WEB


今後ともどうぞよろしくお願い致します


(OLでした)
関連記事

この記事に対するコメント

Re: タイトルなし
大夕張の生き残りさま

いつも貴重なご意見ありがとうございます!

相続してくれる人がいるかどうか…心配はごもっともかもしれません。
ただ‥、閉山後、これまでに多くの方が空知の歴史を語り継がれてきています。炭鉱施設を違う形で活用している例がいくつもあります。
目に見えるもの、見えないものとありますが、未来に残していくことをここでやめてしまうと、数十年後、誰も何もわからなくなり、石炭や炭鉱の歴史は教科書に一行で終わってしまうかもしれないと思うのです…。
まずは今、できる事をやっていきたいと思います。

これからも大夕張の生き残りさまの、炭鉱での体験や思い出を教えていただきたいと思います。
今後ともどうぞよろしくお願い致します。

【2018/07/16 16:57】
URL | NPO炭鉱の記憶推進事業団 OL #- [ 編集 ]


炭鉱港の日本遺産、とても良いことだとは思います。でも、ちょっと考えてみてください。遺産というからには、相続してくれる人がちゃんといるんでしょうか?とても疑問です。今いろんなところで日本遺産だとか世界遺産だとか北海道遺産だとか、いろいろありますけど、遺すほうは良いとして、ちゃんとその遺産を相続してくれる人がそだつているのかを考えるととても不安です。親族でも遺産で揉めるはなしをよく聞きますから。もう少し慎重に考えてもいいんじゃないかな?とは思います。

【2018/07/15 13:36】
URL | 大夕張の生き残り #- [ 編集 ]


この記事に対するコメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
→http://yamasoratan.blog62.fc2.com/tb.php/2809-8cb1e7fa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)