FC2ブログ

そらち★ヤマの記憶だより

あなたの知らない空知の情報をお届けします!

安平町のSL

2018/12/16 [Sun]17:15
category: 炭鉄港−北の近代三都物語
かつての国鉄では、鉄道の駅や関連する施設ができた事で大きく発展した町を、「鉄道の町」として国内で公式に12ヶ所を認定していました。

北海道では2つのまちが認定されました。
1ヶ所は岩見沢

そしてもう1ヶ所は…
追分(現在の安平町

さて、追分の鉄道の歴史は…??

明治22年、北海道炭鉱鉄道(北炭)を設立する際の目的のひとつに、
「空知、夕張、幌内、郁春別等の炭鉱を開発し、室蘭から空知まで鉄道を敷説し、幌内鉄道と連絡して石炭を小樽、室蘭の両港に搬出すること」がありました。

北炭が岩見沢ー室蘭間の鉄道を開業したのが明治25年。
開業時には、由仁、追分、苫小牧、白老、登別、幌別の6停車場がありました。

追分には機関庫もあり、夕張への鉄道も敷設され、「鉄道の町」として発展していったのですね



そんな、追分(現・安平町)には、鉄道の歴史を伝える「鉄道資料館」があります!!

IMG_0168 (1024x768)

昭和50年に夕張~追分間を日本で最後に走ったSL(D51241)の、動輪と正面の扉。
昭和51年、追分機関区扇形車庫が全焼し、機関車は焼失しましたが…この動輪と扉は焼け残ったそうです。



ですが…
別の蒸気機関車D51 320が保存されています

IMG_0171 (1024x745)

昭和14年11月11日、日立製作所で造られた機関車。

IMG_0170 (1024x775)

主に石炭輸送に活躍していたSLです!!

IMG_0195 (1024x764)

元国鉄OBの安平町追分SL保存協力会の皆さまが整備されているので、保存状態も良く、日にちによっては機関車を動かしてくれて運転席やテンダー部に乗車できました。

IMG_0180 (1024x768)

タブレット!!

IMG_0177 (1024x768)

ここに石炭を…!!

蒸気機関車は迫力ありますね。特にD51は大きいし~


この、D51 320ですが…
来年、お引越しされるそうです。

場所は…
来年の4月にオープンする道の駅、「あびらD51ステーション」へ!!


さらに…
今、日本遺産認定を目指している炭鉄港推進協議会に参加していただける事になりました!!

DSC_4114 (841x1024)

これはとても嬉しいことです

炭鉄港ネットワークがグ~っと拡がります
関連記事

この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
→http://yamasoratan.blog62.fc2.com/tb.php/2927-abd08060
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)