FC2ブログ

そらち★ヤマの記憶だより

あなたの知らない空知の情報をお届けします!

⑦炭鉄港の【炭鉱】 小林酒造建造物群

2019/03/24 [Sun]19:20
category: 炭鉄港−北の近代三都物語
炭鉄港の【炭鉱】枠に、栗山町からの構成施設とされたのが、
「小林酒造建造物群」

DSCN1744 (1024x757)

空知に残るレンガ造りの施設としては最大規模の歴史的建造物で、現在も利用されており、13棟が国の登録有形文化財に指定されています!!

DSCN1755 (1024x768)

小林酒造は1878年に札幌で創業しました。
創成川の水を使って酒造りを始めましたが、豊富な水、広大な土地を求めて、炭鉱開発で活況を呈しつつあった夕張に近い栗山の地へ1901年に移転しました。

小林酒造の「北の錦」は、炭鉱マンたちに愛飲され、炭鉱の発展とともに生産量を伸ばしていったそうですよ

DSC_1200 (1024x744)

赤レンガ造りの建物がホントいい雰囲気

DSCN1752 (1024x689)

建物の一部では、古レールが使われているところがあります。

DSCN1762 (1024x731)

夕張鉄道から払下げを受けた、アメリカのカーネギー社製造のレールも!!

DSCN1800 (757x1024)

これは、屋根の上にあった棟飾りのようです。(正式名称わかりません💦)

DSCN1758 (1024x768)

紅葉の時期も美しい…!!

DSCN1803 (1024x767)

うっすら雪が積もっている今頃もステキです!!

DSCN1802 (1024x714)

もう少し暖かくなって頃に見学に行ってみようかな‥と思っている方、
4月には恒例の「くりやま老舗まつり」があります!!
これは、「小林酒造 北の錦 酒蔵まつり」・「谷田製菓 きびだんごまつり」・「南々そらち 一市四町 ふるさと田舎まつり」の、3つのイベントで、小林酒造では、個人のお客様向け、年に1度だけの酒蔵の一般開放で、普段は立入ることの出来ない酒蔵の内部をご覧いただけます。

今年2019年は4月13日(土)と、4月14日(日)です

詳しくはこちらをどうぞ⇒小林酒造株式会社HP

貴重な歴史的建造物群をぜひ目の前でご覧ください…

関連記事

この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
→http://yamasoratan.blog62.fc2.com/tb.php/2994-23ffac0f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)