FC2ブログ

そらち★ヤマの記憶だより

あなたの知らない空知の情報をお届けします!

⑧炭鉄港の【炭鉱】旧栄小学校(アルテピアッツァ美唄)

2019/04/05 [Fri]20:15
category: 炭鉄港−北の近代三都物語
美唄にある「安田侃彫刻美術館アルテピアッツァ美唄」
自然と彫刻が調和する、とても美しい空間

これからの季節、天気がいい時には何時間でものんびり気ままに過ごしていたい‥そんな場所です。

IMGP2357 (800x593)

この校舎はギャラリーやアートスペースとして活用されていますが、1950年に開校した「美唄市立栄小学校」でした。

かつて校区は炭鉱住宅街であったことから、炭鉱で働くお父さんを持つ、多くの子ども達が在籍していました。
炭鉱のピーク時にはなんと、30学級1,250名もの児童が通っていたそうです

炭鉱が閉山して仕事がなくなるので、
別の場所での生活を求め‥
ここで暮らす人々が減り‥
子ども達も転校して‥。

1981年に、栄幼稚園が入った校舎の一部を残して閉校となりました

ですが、残された木造2階建校舎と鉄骨平屋建体育館は、1992年から、美唄出身の彫刻家、安田侃さんの彫刻美術館と栄幼稚園として活用されています。(栄幼稚園は来年の3月に閉園となります

閉校となってしまっても、自分たちの過ごした思い出の学校が残っていて、こんな素晴らしい活用をされているという事は、卒業生にとって大変嬉しい事だと思います!!

ゴールデンウィークや夏休みやお盆の時期などには、ここ出身の方が、記憶や思いを持って、帰って来られるそうです。
美唄の歴史、炭鉱の歴史、それぞれの人生を語る場所なのですね‥

DSC_4347 (800x561)


さて、
ゴールデンウィークに入る前、アルテピアッツア美唄では、
「炭山の碑」の記憶展という展覧会が開催されます!!

page-0001 (565x800)

期間、4/24(水)~5/6(月)9:00~17:00
会場、ギャラリー(木造校舎2階)

そして、関連した企画もいろいろありますので、ぜひどうぞ!!
詳しくはこちらから⇒アルテピアッツァ美唄HP

関連記事

この記事に対するコメント


以前、訪ねたことがありますが、教室に入った途端に、あの頃にタイムスリップできますよ。是非、お勧めします。

【2019/04/06 13:13】
URL | 大夕張の生き残り #- [ 編集 ]


この記事に対するコメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
→http://yamasoratan.blog62.fc2.com/tb.php/3000-08211300
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)