FC2ブログ

そらち★ヤマの記憶だより

あなたの知らない空知の情報をお届けします!

⑩炭鉄港の【炭鉱】住友赤平立坑櫓・周辺施設

2019/04/11 [Thu]17:52
category: 炭鉄港−北の近代三都物語
こんにちは!赤平から来ているレアスタッフ、カニです
現在、日本遺産登録へ向けて進めている、北の産業革命「炭鉄港」紹介シリーズも10回目となりました!
私が担当するのですから、場所はやっぱり赤平です。

DSC_0172.jpg 

今回紹介するのはこちら
住友赤平立坑櫓・周辺施設です。

簡単にこちらの施設の概要を紹介させていただきますと
赤平市内にあった大手四山のうちのひとつ「住友赤平炭鉱」の施設です。

1937年(昭和12年)に住友鉱業株式会社として開坑し、立坑やぐらは1963年(昭和38年)に建設。1994年(平成6年)まで使われていました。建設費は当時のお金で約20億円!!この立坑やぐらの建設によって生産量(石炭の量)も100万トンから200万トンへと飛躍的に上がりました。

180411kani1.jpg 

高さは43.8m、やぐらの下にある縦穴の深さは650mありました。
18人乗りのケージが4本入る仕組みで、「ケーペ式」という井戸の「つるべ式」の形式を採用していました。
運行速度は毎秒12mで、体感速度は「まるで落ちるようだった」そうです。

180411kani2.jpg 

この立坑櫓にはいくつか付随する施設があり、ひとつは櫓に続く操車場、ヤードです。ここにはトロッコや人車、ケージなどが展示されています。

180411kani3.jpg 

もう一つは巻き上げ機室です。奥に見えるドラムが巻き上げ機で、ここについたロープが立坑櫓の上の滑車(シーブ)に繋がっていました。大きさはシーブと同じ直径5.5mです。

このように、住友赤平炭鉱の立坑櫓とその周辺施設は平成6年まで使っていたこともあり、まるで当時のままのような姿を見ることができます。

この内部は「炭鉱遺産ガイダンス施設」で受付をしている「ガイド付き見学(有料)」で見ることができ、ガイドは1日2回(午前10時~・午後1時30分~)行われていますので、ぜひご参加ください!

臨場感あふれる赤平の炭鉱遺産にぜひ触れに来てみてくださいね~!!

180627kani1.jpg 

赤平市炭鉱遺産ガイダンス施設

お問合せ:0125‐74‐6505
開館日:水曜日~日曜日(土日祝営業)
休館日:月曜日・火曜日(祝日の場合は翌平日。その他臨時休館有り)
開館時間:9:30~17:00(入館は16時半まで)
入館料:無料(ガイドは有料)
場所:赤平市字赤平485番地(旧住友赤平炭鉱立坑西側)
 ※駐車場有、JR赤平駅からは徒歩で10~15分程度


カニでした
関連記事
trackback --   Comment (0)   編集

この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する