FC2ブログ

そらち★ヤマの記憶だより

あなたの知らない空知の情報をお届けします!

夕張市石炭博物館について

2019/04/23 [Tue]10:51
category: 石炭博物館
皆様もご承知のように、4月18日23時頃発生した火災は、いまだ完全終息の目途が立たず、多くの皆様にご心配をおかけしておりますが、そんななか現地対応するスタッフに向け、数多くの励ましのお言葉を頂き本当にありがとうございます。

現場におきましては、今なお消防の皆様の懸命な注水が継続されております。
博物館の運営を任されている当NPOといたしましても、ゴールデンウィークの公開開始に向け最終作業を行っている矢先に起きた突然の出来事で、スタッフ一同目の前の現実を未だ受け入れられないほどショックを感じております。

現時点での判断として、当NPOといたしましては、お客様の安全確保を最優先する事とし、施設営業開始については、施設管理者であります夕張市様の判断を待つ事といたしました。
営業開始日についてのお問い合わせに関しましては、その後ご指示を頂いた後のご案内とさせていただきますので、ご了承ください。

私どもといたしましては、施設や展示の維持管理など、今出来る事を模索し再開に向けた準備をしっかりと進めたいと考えております。その状況は、このブログを通じて、随時、皆様にお伝えいたします。
なお、現地では消防への協力など災害対応のため人員不足の状態にあり、このブログにおきましてはコメント欄の返信が十分に出来ないことから、当面の間コメント欄を閉じさせて頂きます。 

最後に、石炭博物館のコンセプトである「生きるに向き合う博物館」にある通り、この今起きているピンチを将来いつの日かチャンスに変え、もう一度夕張再生のシンボルを復活させる中で、夕張市民と共に生きている当館の姿を皆様に伝えてゆける日を願って、NPO法人炭鉱の記憶推進事業団からの公式コメントとさせて頂きます。

2019年4月23日
特定非営利活動法人 炭鉱の記憶推進事業団・理事長(夕張市石炭博物館・館長) 吉岡宏高

関連記事
trackback -- comment --   編集