FC2ブログ

そらち★ヤマの記憶だより

あなたの知らない空知の情報をお届けします!

炭鉄港会議そして交流祝賀会

2019/07/06 [Sat]15:41
category: 炭鉄港−北の近代三都物語
「炭鉄港」日本遺産認定後の第1回炭鉄港推進協議会・幹事会合同会議が、空知総合振興局の主催で7月4日(木)岩見沢のホテルサンプラザにて開催されました。

DSC_4915 (800x600)
空知管内市町と小樽市、室蘭市、空知総合振興局、後志総合振興局、胆振総合振興局、観光協会、経済団体、開、民間企業団体など、約80名の方々が集合しました!!
注目を集める「炭鉄港」です。
この日の会議では、認定までの経緯や推進事業について、規約について、予算・負担金についてなどの報告や説明があり、、、
令和元年度の役員になられた方々からひとことづつ、「炭鉄港」推進への力強いお言葉をいただきました



さて会議のあとは、こちらがメイン??の祝賀会
みんなでまずは日本遺産をお祝しましょう。と、交流会が開かれました。

65693513_435186527336644_1795367484451192832_n (800x600)
ご来賓の皆さまからご挨拶をいただいた後は、、、

乾杯を吉岡りじちょーが。
1562304803739 (800x516)

りじちょーは25年ほど前に室蘭の輪西でまちづくりに携わり、、その後、小樽で運河保存活動をされていた方々と関わり…
炭鉱の空知と、室蘭と小樽と、連携した繋がりができるのでは?という思いがあったそう。
「炭鉄港」の最も根底にあるのは、空知支庁の独自事業としてスタートした<炭鉱の記憶>事業ですが、
2007年、北海道経済部の「産業観光検討会議」や「道央地域観光戦略会議」が具体的な展開の契機となり、「炭鉄港」が動き出すきっかけとなりました。

65943559_483816799113058_3234145622684598272_n (800x515)

日本遺産認定されるまでの長い間、それぞれの立場で関わってきた方々の喜びはひとしおかと思います。
そして、、、
実際にその時代、炭鉱・鉄鋼・港・鉄道など、北海道の開拓を先導してきた産業に従事されてきた多くの方がいたからこそ…の、日本遺産認定です!!


ロゴマークも決定!!

65903600_728920617526661_5551414237043097600_n[2] (800x553)

ほとんどの場所で一番人気だった「C」になりました
今後このログマークがいろいろな場面に登場するのでしょう!!


65826487_2437448959807736_8004188657273536512_n (800x562)

これからも各地、各団体の皆さまと連携して「炭鉄港」を進めていきましょう~

関連記事
trackback -- comment --   編集