FC2ブログ

そらち★ヤマの記憶だより

あなたの知らない空知の情報をお届けします!

2019年「炭鉱の灯り」は7月27日の三笠から!

2019/07/22 [Mon]16:44
category: 炭鉱の記憶
今年も「炭鉱の灯り」を開催いたします

炭鉱に関わってきた多くの先人の皆さまへの敬意を表して、キャンドルを灯し、静かに祈りをささげたいと思います。
この場所で、「炭鉱の記憶」の活動をさせて頂いている感謝の気持ちと、様々な思いを込めて、今年で17年目の開催となります。
今年も昨年と同様に、三笠・夕張・赤平の三カ所で行います。

炭鉱の灯り2019



第1回目は、7月27日(土)三笠です。
場所は、日本遺産の構成資産である、旧唐松駅舎と、旧住友奔別炭鉱。
灯りは18:30~20:30まで点灯しています。
アクセスMap→ 唐松駅 奔別炭鉱

DSC_3373 (800x594)
↑昨年の唐松駅の「炭鉱の灯り」


IMG_5071 (800x522)3J6A9974 (800x519)
↑一昨年の奔別炭鉱の「炭鉱の灯り」

唐松駅では、日本遺産「炭鉄港」と深い縁がある(株)島津興業のご提供で、鹿児島名物「たんかん(短柑)」のジュースの振る舞い(無料提供)があります。

観覧無料・雨天決行です。
現地で見てみたい方、お近くの方、炭鉱にゆかりのある方、ぜひお越しください

キャンドル設置のお手伝いをしてくださるボランティアの方を募集いたします!
お手伝いしてくださる方は、17時に旧唐松駅舎にご集合ください。

なお、07/27(土)は、11:00~15:00まで、奔別炭鉱の敷地公開もしますので、近くから炭鉱施設をご覧いただけます!!


NPO炭鉱の記憶推進事業団の設立前の、みかさ炭鉱の記憶再生塾から続く「炭鉱の灯り」(以前は線路の灯り)。
これからも続けていきたいと思っておりますので、どうかご協力よろしくお願いいたします
関連記事
trackback -- comment --   編集