FC2ブログ

そらち★ヤマの記憶だより

あなたの知らない空知の情報をお届けします!

「炭鉱の灯り2019」終了しました!

2019/08/12 [Mon]14:55
category: 炭鉱の記憶
「炭鉱の灯り2019」今年も無事終了いたしました。

設置、撤収作業のお手伝いにきてくださった皆さま、
会場でお世話になった皆さま、
誠にありがとうございました

三会場の当日の様子を紹介します


1回目 7月27日三笠(唐松・奔別)

唐松は唐松駅が会場です。
駅の清掃や周辺整備をされている木村さんのご厚意で、今年もカキ氷が振る舞われました
ほのぼのとした雰囲気の唐松駅‥

20190727唐松 (4)
ご近所の方も見学に来てくださいました…!

20190727唐松 (3)
中にはこんな見学者も…

20190727唐松 (2)
幌内鉄道を再現した灯りです


同じ頃、奔別炭鉱の会場でも設置作業が終わり、休憩中‥
20190727奔別 (2)
今回、唐松会場と奔別会場では特別に、鹿児島のたんかん黒酢ジュースをいただきました!!
いつもお世話になっている鹿児島の島津興業さまの、社員の方が空知にいらしている期間のイベントという事もあり、ご厚意での振る舞いです!!

たんかんとは、ポンカンやネーブルオレンジと同じようなみかんの一種です。国産たんかんの甘さと黒酢のほどよい酸味
ソーダや水で割っていただきます!!

20190727奔別 (1)
立坑のライトアップはしないので、この後、周辺は真っ暗になり、

IMG_3496 (768x1024)
キャンドルの灯りだけがユラユラとして、とても静かな雰囲気になります…




2回目 8月3日夕張
20190803夕張 (2)
NPOが指定管理させていただいている石炭博物館周辺が会場です。
今回夕張でのキャンドルは、LEDライトを使いました。

20190803夕張
博物館正面にあるこちら、採炭機械の一種、ホーベル周辺もライトアップ!!

20190803夕張 (3)
この立坑は「地下1000mの世界へようこそ~」でおなじみ、博物館用に造られたレプリカですが、とてもいい感じに…

20190803夕張 (4)
この日は博物館内にある「コンプレッサー磨き」の作業があり、お手伝いしてくださった方々も夜までおつきあいしていただきました。
ここ夕張では皆さん静かに、この灯りを見ていました。
様々な思いが頭をよぎります‥

20190803夕張 (5)
いくつかの懐中電灯をあててみると、「石炭の歴史村」の文字がくっきりと!!

おごそかな雰囲気の夕張会場…。
この立坑ライトアップ、すごくステキでしたできる事なら夕張の石炭の歴史のシンボルとして、いつも夜に点いていればいいのに…と思いました。




3回目 8月10日赤平

到着が19時半頃になってしまい、こちらは駐車場に入るとすでに賑わっている感じが…
20190810赤平 (3)

大きなトラックが??
20190810赤平 (2)
ここの荷台から見ると…

キャンドルが、北海道!!
20190810赤平 (1)

さらによーく見ると…
「炭鉄港」の関係している、空知・小樽・室蘭の位置も!!
皆さん、気づいたかな~

20190810赤平 (4)
石炭を掘る役目は終えたものの、
立坑内部への見学者を受け入れて、炭鉱の歴史を伝える貴重な役目を持つという意味で、まだまだ現役の立坑!!

赤平会場では、赤平市、TANtanの皆さまのご協力により、時間外ですがガイダンス施設内も見学でき、軽食と飲み物のコーナーも作られました
ちょっぴりお酒が入っていい感じになった方もいて、赤平会場は和気あいあいな明るい雰囲気


最後に、りじちょーよりお礼のご挨拶をさせていただき、赤平会場の「炭鉱の灯り」を閉めさせていただきました。
20190810赤平


それぞれ雰囲気の違った三会場でしたが、気持ちは同じ
ここでご苦労、ご活躍された「先人の方々への敬意の気持ちと鎮魂の思い」を込めて…
多くの方が関わって来られたこの場所で、今私たちが「炭鉱遺産の活用、保存等の取り組みをさせて頂いてる感謝の気持ち」を込めて…

「炭鉱の灯り」は今後も続けてまいりたいと思います。
関連記事
trackback -- comment --   編集