FC2ブログ

そらち★ヤマの記憶だより

あなたの知らない空知の情報をお届けします!

次回の奔別炭鉱公開は8/13,14,15

2020/07/26 [Sun]15:30
category: 炭鉱の記憶
7月の奔別炭鉱のゲート開放は終了しました。

DSC_6583.jpg

この連休、お出かけされた方は多かったように思います
奔別炭鉱へ向かう道中、私も渋滞に巻き込まれました…!!
こ、これはいわゆるラベンダー渋滞?!皆さん、富良野・美瑛方面へ行くのでしょうか…??

岩見沢方面から、炭鉄港の構成文化財のひとつ旧唐松駅に寄って道道917号線を進むと、道道116号線に合流するのが大変…!
信号のない「止まれ」の右折なので、なかなか合流できないのです。時間に余裕を持った行程がおすすめですよ〜



次回の奔別炭鉱のゲート開放は8月13、14、15の3日間
時間は11:00〜15:00までです。
この時期はお盆なので、奔別や幾春別に思い出のある方もお越しになるかと思います。ぜひお立ち寄りください!


敷地内のお車の駐車スペースは、満車で停められない!という事はほぼありません。

DSC_6585.jpg

まず、コンテナの受付へどうぞ!
お名前等ご記入くださいませ。
DSC_6578.jpg

コンテナには奔別・幾春別MAPや、NPO炭鉱の記憶推進事業団、夕張石炭博物館、赤平市炭鉱遺産ガイダンス施設等のパンフレットを置いています。

缶バッチ、キーホルダーの商品も販売してます!!

DSC_6584.jpg

今回の3日間でご来場者は約200名さまでした。
暑い中、皆さまマスクを着用していただきありがとうございました。
受付の時に若干並んでいただく時もありましたが、密になる…という事はありませんでした。

立坑もホッパーも内部見学はできませんが、敷地内で見ることのできる日は限られます。
どうぞ8月の13、14、15日、こちらへお越しの際は奔別炭鉱へお立ち寄りくださいませ!!


ちなみに…
「住友奔別炭鉱立坑櫓・周辺施設」も日本遺産「炭鉄港」の構成文化財のひとつですが、現在配布中の炭鉄港カードにはありません。
そのうち(来年??)、残りの構成文化財のカード配布もあるかも…??


もうひとつ情報が…!
ここ数日前から「炭鉄港カードはまだありますか?」という電話が増えてきました。
マネジメントセンターで配布中の「旧北海道炭礦鉄道岩見沢工場」と「朝日駅舎」は、まだまだ大丈夫です

問い合わせ電話が増えてきたのは現在配布中の炭鉄港カードに、終了のカードがあるからのようです
道の駅あびらの「蒸気機関車D51 302号機」、道の駅夕張メロードの「旧北炭滝ノ上水力発電所」、これらは既に3000枚の配布終了だそうです。
やはり道の駅には、多くの方が立ち寄られるのですね。早いっ…!!





関連記事
trackback --   Comment (0)   編集

この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿