そらち★ヤマの記憶だより

あなたの知らない空知の情報をお届けします!

夏は、マネジメントセンターのアフォガード♪

2017/07/27 [Thu]16:26
category: マネジメントセンターについて
毎年この時期になると、多くの方にオーダーいただくカフェメニューがあります
それは…マネジメントセンターの「アフォガード」

IMGP6154.jpg

1層目にビスケット、2層目にはバニラアイスを豪快に2つ♪
そしてその上からあつ~いエスプレッソをかけた、イタリアのデザートです
実は今年度から「夏限定!」ではなく通年メニューになったのですが、
やはり気温の高い今時期は、より一層おいしく感じられますよね。

ほろ苦いエスプレッソと、甘くてクリーミーなアイスは、相性抜群!
エスプレッソがしみしみになったビスケットも一緒に食べると…たまらないおいしさです~

IMGP6158.jpg
この「とろりん」感も魅力です

価格は税込400円です。
アイスコーヒーもいいけど、冷たいデザートでちょっと贅沢…
そんな気分のときには、ぜひお試しください

明後日29日は、いよいよ「炭鉱の灯り」が開催されますね!
当日、マネジメントセンターは通常通り17:30まで開館しています。
会場へ行かれる前には、ぜひ当センターへもお立ち寄りくださいませ

(ぼーいっしゅ)
trackback --   Comment (2)   編集

プチ配置変えをしました!

2017/07/22 [Sat]16:54
category: マネジメントセンターについて
こんにちは!
まだまだ一人で留守番が不安なカニです!

今日から奔別の公開※が始まったのでお留守番なのです…!

※公開については→http://yamasoratan.blog62.fc2.com/blog-entry-2532.html

さて、そんなセンターに突然!
りじちょーが現れました!!


…あれ?今日は函館出張の予定では…!?


なんとりじちょーが乗る予定だった電車が豪雨で運行中止となり函館に行けなくなってしまったとのこと(´・_・`)
岩見沢はもう穏やかな天気だというのに…こんなこともあるのですね


さて、そんなりじちょーはおもむろに作業をスタート。

kani07221.jpg


「ビデオデッキを動かしたい!」

とのことで本棚の上を大移動です。そしてついでに蔵の方にある棚も掃除することに…


kani07222.jpg


そうそう、この棚のようなものは「安全灯」といって炭鉱の中に入るときにヘルメットにつけるヘッドライトを充電する棚だったんですよね。そんな棚には今は寄贈していただいた炭鉱の関連グッズが所狭しと並んでいます。実はカニも前からこの棚のホコリが気になっておりまして…
さっそくお掃除スタート!

kani07223.jpg

頑張ってホウキでなんとかしようとしていたカニでしたが、ささぽんさんが掃除機を出してくれました。これでなんだかグレーがかっていた赤いマットが元の色に!ついでに石炭の破片なんかもキレイになりましたヽ(´∀`)ノ

…あっ、私はただ見ていただけじゃなくてホコリをかぶった物を拭いたりしていましたよっ!!

途中で雑巾を洗いに行ったカニが食器棚にぶつかって食器棚を若干壊したりというトラブルもあったものの、おおむね無事に作業は終了♪

kani07224.jpg

一番下の段には寄贈していただいた石炭、塊炭、石炭工芸品を…

kani07225.jpg

ここにはいろんな産地(?)の石炭がありますね~!

そして真ん中の段には機械類。

kani07226.jpg

ここにはコールピックなどもありますよ!
さらに一番上の段には記念品や工芸品。

kani07227.jpg

じっくり見ると「あ!これも炭鉱関係だったのか!」という物もあるのでぜひ覗き込んで見てみてください!

こうしてちょっぴり整頓された展示コーナーのおかげで、本棚の上もかなりスッキリしました

kani07228.jpg

こうしてちょっとだけ配置変えとお掃除をしたセンターでしたが、今日は奔別に行ってきたよ~というお客様にもご来店いただき楽しく過ごさせていただきました((^∀^*))
センターはこうして時々プチ模様替えをしているかもしれませんので、覗きに来てみてくださいね♪

(カニでした)

石蔵の屋号ペンキ塗りを行いました

2017/07/14 [Fri]12:18
category: マネジメントセンターについて
先日の『落書きバスターズ』のみなさんが、日を改めて、
再びマネジメントセンターにご来館

石蔵についている屋号「煙」の塗り直しと、
落書きを消した部分の仕上げに来てくれました

19867095_848641825285962_812204932_o.jpg

『落書きバスターズ』のその正体は…
マネジメントセンターがいつも大変お世話になっている方々です
この日はまさに「炎天下」という天候での作業(最高気温も30℃超え)
途中休憩をはさみ熱中症予防をしながら行いました!

葛西さんは、梯子を押さえ~

19830151_848641858619292_1342241935_o.jpg

さいとーさんは、梯子に上り、白ペンキで「煙」を塗り~

19840236_848641848619293_846196854_o.jpg

大日方さんは、壁面の落書き跡のホコリ落とし~
という、息の合ったチームワークです

センターの石蔵は線路に面しているので、SLの煤が付着して黒くなっているのだそう
その色に合わせて、石炭粉を付けていく大日方さん

19830015_848641871952624_611881096_o.jpg

そして、仕上げ後の石蔵がこちらです
いかがですか~!
「煙」の文字が鮮やかに浮かび上がっています
落書きを消した跡も、きれいに馴染んでいますね。

19850937_1948436425401890_1598968900_o.jpg

雑誌などに石蔵を載せていただくときに、
「落書きが写っちゃうのが、どうもなぁ…
といつも気にかけてくれていたオーナーの大日方さん。
これでいつ撮影が来ても安心です!

最後に、石蔵をバックに、
チームワークばっちりの3人の写真を

IMG_4946.jpg

大日方さん、さいとーさん、葛西さん、ありがとうございました。
みなさん、今度マネジメントセンターにご来館の際は、
ぜひ外観をぐるっとまわって、石蔵にもご注目くださいね

IMG_4945.jpg

(ぼーいっしゅ)
trackback --   Comment (0)   編集

月形町の見学会

2017/07/08 [Sat]22:36
category: マネジメントセンターについて
先日、月形町の歴史を深く知りたい!もっと知りたい!!というメンバーが集まり、
「櫻庭前町長の案内で歩く月形町の歴史」見学会を開催して頂きました
ほんの数枚の画像のUPではありますが、この日の見学の様子を通して、月形町の歴史を紹介いたします。

案内人が月形町を愛する櫻庭さんという事で、みんなこの日を楽しみにしていました

暑い日になりましたが…
明治14年に開庁した、日本で三番目、北海道で初めての集治監(刑務所)である、樺戸集治監の本庁舎で集合。

DSCN4106 (1024x768)

明治維新後の政府に不満を持つ士族の反乱が起こり、多くの国事犯や政治犯が発生しました。
収容施設が必要に迫られ、その解決策として、まだ未開の地であった北海道に囚人を送り、北海道開拓に従事させよう…という考えから集治監ができました。

初代典獄(刑務所長)は福岡・中間出身の月形潔
月形潔の名前を頂き、「月形村」と名付けられました。

裏手にある博物館本館側の入口に行くと、鐘が…。

DSCN4114 (1024x762)

これは実際に使われていた鐘で、起床、始業、昼食、終業、夕食、就寝などの合図で鳴らされ、これによって行動が指示されました。
参加者全員、3回づつ順番に鐘を鳴らしました。
銅製の鐘の音はとてもいい響きです…。

DSCN4111 (1024x764)

大変貴重な、月形潔の顕彰碑…!!
近くには胸像もありました。

DSCN4112 (1024x762)

明治19年に建設された本庁舎の内部は、パネルや展示物が充実しています!!
ここを見れば、北海道の開拓の歴史、監獄の様子、困難さ、囚人の役割などがよ~く理解できます
※内部は撮影できません
レプリカではなく実物の貴重なものばかりが並んでいて、見ごたえも十分です
ぜひ、行ってみてくださいね!!


次に向かったのは、円山公園
月のオブジェの展望台を登って見える景色は…

DSCN4119 (1024x755)

まっすぐな樺戸道路が峰延まで見える~!!
ここ、円山からのろしを上げて、道路を作っていったのですね‥

樺戸集治監開庁10周年の記念事業として、囚人たちが植えたスギの木。

DSCN4122 (1024x756)

そのスギの中を歩きます…
遊歩道もついていますが、今日歩いた道は車でも通る事ができます。

DSCN4125 (764x1024)

とても大きなスギの木々。
囚人たちは大切に手入れしたそうです。
厳かで神聖な空気を感じました…


そして次に向かったのは、篠津山囚人墓地

DSCN4127 (1024x786)

39年間の樺戸集治監の歴史の中で、北海道開拓を担って犠牲になられた囚人は1,046名。
遺族に引き取られた方はほんのわずかで、今も1,022名の方がこの囚人墓地に埋葬されています。

DSCN4126 (1024x756)

現在はきちんと整備されている墓地ですが、
かつて荒れ果てていたそう。そんな状況に心を痛めた役場の職員(熊谷さん)が過去帳や墓籍表を調べあげ、
昭和56年から60年にかけて、個人墓や合葬墓を新たに月形町が建立したそうです。

DSCN4130 (1024x768)

毎年この場所で「樺戸監獄物故者追悼式」が行われます。
町長であった櫻庭さんの思いと呼びかけにより、大変多くの方が参加し、祈りを捧げる場所となっているようです。

私たちも手を合わせてきました…。


次は囚人が建立に関わったお寺、「北漸寺」へ…
このお寺は福井県の永平寺の直末寺だそう!すごい…!!

DSCN4145 (1024x759)

明治17年月形潔の援助のもと囚人の労役によって仮御堂を建築したそう。
仮御堂の設計は樺戸集治監授業手(囚人に技能を教える看守)によってなされたという記録が残っているそうです。

近くで見ると、彫刻がとにかくすごい…

DSCN4135 (1024x709)

狛犬、像、龍…
窓枠や柱のデザインなど、ひとつひとつの彫り方が細かくて、丁寧です…

DSCN4139 (1024x768)

「文化財としての価値が極めて高い」…納得です!!


次のこの景色は…??

「月形潔 上陸の場所」

DSCN4147 (1024x768)

月形潔他、数名が、丸木船3隻でシベツ太へやってきて、上陸した場所!!
須部都川(かつて石狩川)の合流点のようで、ここが上陸の地であろう…との事です。


今日の見学会の最終地は…

-- 続きを読む --

さよなら幌内線グッズ

2017/06/28 [Wed]16:51
category: マネジメントセンターについて
日中は過ごしやすい気温になってきましたね
ただしマネジメントセンターは、いつものように、外よりひんやりしてます…。

センター入口にはさいとうさんが制作したベンチを一台出しています。
そうすると…

DSC_2129 (1024x766)

このベンチで休憩している方もいらっしゃいます
どうぞ、どうぞ~

DSC_2128 (768x1024)

入口に置いているウエルカムボードも新しくなりましたよ~
(ぼーいっしゅ作成)

今週末はさらに暖かくなるようで(26度くらい?!)楽しみです


さて先日、「さよなら幌内線」関連のグッズをご寄贈頂きました~!!
ご寄贈頂いた方のお父様が、幌内炭鉱の運搬の仕事をされていたそうです。

DSC_2132 (1024x735)

昭和62年7月12日に「臨時列車ほろない号」が最終列車として走りました。
小樽発9:25~札幌~岩見沢~幾春別へ。
幾春別から折り返し、三笠~幌内へ。
幌内では23分停車し、三笠~岩見沢~札幌~小樽には16:03着でした。

この列車に乗った方、意外と多そうですね…

貴重なものをありがとうございました

(OLでした)