FC2ブログ

そらち★ヤマの記憶だより

あなたの知らない空知の情報をお届けします!

心から、ありがとうございました‥。

2019/12/22 [Sun]11:40
category: 炭鉄港−北の近代三都物語
本日は「炭鉄港」のスタートから小樽の中心人物としてご尽力された、小川原格さん(籔半社長、小樽観光協会相談役)への、追悼記事とさせていただきます

「炭鉄港」の取組が始まったのは2010年のこと。
空知の石炭だけでは北海道の発展はなかった…のと同様に、空知だけでは「炭鉄港」が日本遺産になるまでに進んでいなかった…。
小樽と室蘭、そして薩摩藩が北海道開拓に関わっている、そんな歴史的な深いストーリーがあって、各地で「炭鉄港」をやろう!!と言ってくれたひとが、少しずつ、確実に増えていったから…。

小樽で「炭鉄港」のスタートから関わってくれた小川原さんが、12月15日に膵臓癌のためお亡くなりになりました。
小川原さんが小樽にいなかったら、「炭鉄港」がこのような形になっていませんでした。
とても偉大な方でした。そして、誰にでも、とても優しい方でした。


これまでに様々な場面がありました。

20111105産業観光WS
2011年 産業観光フォーラム 炭鉄港ー北の近代三都物語ー
札幌ファクトリーで、室蘭の青山市長、小川原さん、吉岡理事長と3名の鼎談。
空知のひとは室蘭へ、室蘭のひとは小樽へ、小樽のひとは空知へ、3台のバスを貸し切り、それぞれの地域の施設見学をした後、札幌へ集合してのフォーラムでした。小川原さんも空知の炭鉱遺産を見て、「すごい!!」と言ってくれてました。

201311.jpg
2013年 大ぷらぷら小樽 この年ラストは小樽でぷらぷらまち歩き
北海製罐見学コース、運河クルーズコース、ちょっと濃いめの小樽コースの3コースを用意し、小樽運河の保存活動の中心メンバーでもあった小川原さんが直々に、北海製罐見学コースで運河沿いをガイドしてくれました。

2013.jpg
2013年 炭鉄港2013 北の近代三都物語フィナーレミニフォーラム 小樽運河プラザ
小樽は小川原さん、室蘭は仲嶋さん、空知は吉岡理事長。それぞれが地域の特色を説明し、「炭鉄港」に対する考え方をお話してくださいました。

DSCN0023_201912212003164b2.jpg
2015年 産炭地域活性化フォーラム 岩見沢駅複合駅舎センターホール
鹿児島から島津社長もいらっしゃった「空知の炭鉱遺産を始めとする北海道の産業遺産の可能性探る」情報交換会。
岩見沢駅舎とレールセンターの見学会もありました。

20150222kagoshima.jpg
2015年 鹿児島観光まちづくりフォーラム
これとは逆に、小川原さんと吉岡理事長が鹿児島に押しかけて、鹿児島と北海道の繋がりをアピールしたこともあります。

20161213炭鉄港検討会
2016年 炭鉄港検討会を札幌で
熱い会議が終わった後も、美味しいお酒と一緒に親睦会でまだ続く‥。

DSCN4318.jpg
2017年 「日本遺産の認定に向けて」小樽で約140名もの方が参加されたシンポジウム
参加者の多くが地元、小樽市民の方という事で、大変盛り上がった会でした。
終了後には関係者で籔半へ行き、いつものように懇親会。
小川原さんの掛け声で「日本遺産登録を目指して頑張ろう~!オー!!」。
これはホントに日本遺産になるのかも‥と感じた日でした。

20171105NPO10周年
2017年 岩見沢のホテルサンプラザで「NPO炭鉱の記憶推進事業団、設立10周年祝賀会」
小川原さんからあたたかいお祝いの言葉と、乾杯のご発声を‥。

2018713炭鉱の記憶会議
2018年 炭鉄港推進協議会 岩見沢有明コミュニティホール
「炭鉄港」がここまでになるとは‥。
そうしみじみ語っていた小川原さん。 

2019年5月
小川原さんのFacebookには、「炭鉄港」が日本遺産認定になった事を喜ぶ投稿やコメントがいくつもあがってました。
「さぁ、これからだ!」「これからはじまる地域広域連携!」

たくさんの思い出はつきません ‥本当に‥ありがとうございました。 
NPO関係者一同、ご生前のご尽力に深く感謝するとともに、心からご冥福をお祈り申し上げます。
 (事務局長 北口)
trackback -- comment --   編集

北海道地域文化選奨特別賞を受賞しました!

2019/12/14 [Sat]16:49
category: マネジメントセンターについて
~お知らせ~

NPO炭鉱の記憶推進事業団が、
本年度の北海道地域文化選奨特別賞を受賞しました!!

「北海道地域文化選奨」は、地域に根ざしたユニークで優れた文化活動や文化支援活動を行い、それが実践者だけにとどまらずに、地域の文化振興に広く貢献している個人・団体(民 間企業含む)を顕彰し、その活動内容を広く道民に紹介することで、道内各地の文化活動を より活性化し、北海道の地域文化の振興に資することを目的として、平成5年度に創設。 

地域文化の振興のため、優れた活動を行っている個人又は団体が選ばれるものです。

空知地域の炭鉱遺産に対する取組や、歴史的文脈の意義及び価値の認識に基づいた地域の活性化を目指す活動を続け、情報発信拠点「そらち炭鉱の記憶マネジメントセンター」の開設、日本遺産となった「炭鉄港」の取組を提唱し地域内外へ発信するなど、地域資源を活用した様々な取組を行っている事が、主な受賞の理由となったようです

DSC_5737 (815x1024)

理事長コメント

今回の受賞を、これまで活動をご支援頂いてきた皆様とともに喜びたいと思います。
「炭鉄港」が日本遺産になるための10年にわたる地道な活動が評価されましたが、「炭鉄港」の取り組みは10年前に「そらち炭鉱の記憶マネジメントセンター」を開設できたことにより始めることができました。
「炭鉄港」「マネジメントセンター」は、ともに会員や地域の皆さんのご支援によって、活動を継続することができました。ありがとうございました。


皆さま、今後ともどうぞよろしくお願いいたします!!




trackback -- comment --   編集

今日から「ぼくらの7日間戦争」公開!!

2019/12/13 [Fri]12:57
category: 炭鉱の記憶
いよいよ本日から、アニメ映画の「ぼくらの7日間戦争」が始まります!
報道でもされているように、メインの舞台は旧住友赤平炭鉱立坑やぐら!!
ぼくらの7日間戦争1
チラシの左側は、赤平立坑の‥
右側は、三笠の幾春別炭鉱の‥
見覚えのある、炭鉱に関する場所がいくつか登場するようで、楽しみです

そして…夕張市石炭博物館の模擬坑道を参考にしたシーンもあるそうです。。

北海道では4カ所の映画館で上映されます。
札幌シネマフロンティア
ユナイテッドシネマ札幌
イオンシネマ江別
ディノスシネマズ旭川

今日の上映をHPで見てみたら、1日に4回の上映があるようなので、お近くの方は仕事が終わってからも行けそうですよ~!

さらに‥
舞台モデル化「炭鉄港」日本遺産認定記念キャンペーンもあります!!
ぼくらの7日間戦争2

第一弾は映画ペアチケットプレゼント(応募は今日が締切りです)
第二弾はステキなプレゼント(「映画見たよ!」と、赤平市炭鉱遺産ガイダンス施設でどうぞ)

この映画を知らない若い世代も、
北村匠海ファンも、芳根京子ファンも、
昔の映画「ぼくらの七日間戦争」を見た方も、
宮沢りえファンも、TMネットワークファンも、
炭鉱ファンも!!

映画館行きましょ~


trackback -- comment --   編集

ぷらぷらまち歩き2019の様子を展示中

2019/12/12 [Thu]16:50
category: マネジメントセンターについて
現在、マネジメントセンター石蔵では、本年度のぷらぷらまち歩きを写真で紹介する「ぷらぷらまち歩き2019レポート展」を開催中です。
DSC_5733 (765x1024)

今年は本当に多くの方にご参加いただきました。
誠にありがとうございます!!

全16回 参加人数   569名(平均35名)
人数の内訳は次の通りです↓↓

9/21  沼 田 11

9/22  万 字 23

9/23  月 形 19

9/28  赤 平 27

9/29  芦 別 51

10/05   奔 別 25

10/06   唐 松 35

10/12   夕 張 36

10/13   室 蘭 17

10/14   朝 日 55

10/20   美 唄 84

10/22   小 樽 45

10/26   栗 山 12

10/27   上砂川 35

11/02   安 平 44

11/03   歌志内 50


特別公開ひとりでは行けない場所、に、参加者が集まってくださったようです。(当日の天候にもよりますが…💦)

DSC_5736 (1024x753)

毎年「ぷ~らぷ~ら~」してますが…中身が非常に濃いのです!!
人数の多さを目指しているのではありません!
「普段通り過ぎているような場所に、こんな魅力が!!」という事を、実際に歩いて、良さを味わっていただきたい…そんな思いでご案内しています

DSC_5741 (1024x760)

まだまだ地域にこんな宝ものがありますよ~

来年も予定していますので、一度も参加した事がない方もどうぞお気軽に!!

trackback -- comment --   編集

室蘭の「炭鉄港」見学会!

2019/12/05 [Thu]14:48
category: 炭鉄港−北の近代三都物語
先週、室蘭にある「炭鉄港」を視察する研修会がありました!
さてさて、どんな「炭鉄港」構成文化財があるのか…
「炭鉄港」に興味のある方、「炭鉄港」をよく知らない方、室蘭へ行くご予定のある方にも、ご紹介&おすすめさせていただきます!!

岩見沢からバスで室蘭へGO!
高速を使えば、2時間ちょっと。意外に近い気がします。

お昼は、飲食街マップを見て、自由に‥という事で、1日目は「三勝」のかつ丼!地元の人で混み合う店内。老舗っぽい雰囲気でした
DSC_5531 (1024x767)
味がちょどいい~。味噌汁も美味しい~。ボリュームあるけど、完食

2日目もご紹介。室蘭に来たらやっぱり食べなきゃ。の、味の大王の「カレーラーメン」
IMG_2360 (1024x768)
ちょい辛のカレーが溢れそうなくらいにのっかって、麺がカレーにからんで、とにかくすごく美味しかったです
カレーのハネを気にする方には、紙エプロン(10円)を一緒に注文してくださいね。

そして、いよいよ見学へ‥
IMG_2196 (1024x756)
まずは観光協会の入る旧室蘭駅舎。仲嶋事務局長がご案内。

旧室蘭駅舎は明治45年に建設された道内の駅舎の中では最古の木造建築物。
明治期の洋風建築のたたずまいを現在に残しています。
IMG_2210 (1024x768)
外回りは入母屋風で「がんぎ」と呼ばれるアーケード洋式を取り入れており、全国的にも珍しい建造物だそう。外壁は白漆喰で、構造体の木部と茶色の屋根のコントラストがカッコイイ

内部は広々したホールや展示スペース、休憩所として一般市民に開放されています。
IMG_2199 (1024x769)
とても見やすい展示パネル。

IMG_2195 (1024x768)
「炭鉄港」のパネルも!!

ボルトなどで作られたこれは‥
IMG_2197 (1024x752)
すごい!工場夜景です

敷地内には石炭運搬に使われていたSLが展示されています。市民の意見を取り入れて、SLの底面が見れるようにしたそうです。
IMG_2206 (1024x686)
この階段を降りると、SLの底が‥

IMG_2205 (1024x757)
わ!!これは面白い。このサビが年季を感じます!!


次に向ったのは、日本製鋼所 室蘭製作所(JSW)
IMG_2212 (1024x758)
ここにも日本遺産に認定された施設がいくつかあります。

まず玄関入口に、こんなマンホールが。
IMG_2213 (1024x768)
これは、初代の社章のマンホール
明治40年、北海道炭礦汽船株式会社と、英国アームストロング社、ビッカース社の3社共同により設立されたので、3社の頭文字を組み合わせて図案化されたマークです。
北炭(T)・アームストロング社(A)・ビッカース社(V)
創業時から昭和10年まで使われたそうです。

会社の概要説明では、初代会長の井上角五郎の写真や、貴重な資料なども見せていただきました。
室蘭に製鋼所が建設されたのは、石炭の集積地、噴火湾の豊富な砂鉄、優れた港湾、などの理由により、製鉄起業の好適地と判断されたようです。

日本製鋼所では、戦艦の大砲や装甲板を製造するなど、主に戦争の兵器を作っていた時代もあったようです。
そしてこちらが、日本で初めて作られた航空機のエンジン「室0号」
IMG_2223 (1024x768)
国産第一号の航空機エンジンが、なんと室蘭で作られたとは‥

天井を見上げると‥
IMG_2217 (1024x768)
ドイツ製メルセデス・ダイムラーE6F型をモデルに改良したそうです。
同型のエンジンは室蘭で21基製作されており、展示されているこの室0号はその唯一現存する1基です。


次は敷地内にある、大きなレンガ造りの「旧火力発電所」
IMG_2235 (1024x754)
明治42年に建設された火力発電所。イギリスから輸入した発電機3基とボイラー20基が格納されていたそう。レンガはやっぱりイギリス積み。建物が大きいので迫力あります!
煙筒はリベットになっており、かつて「東京芝浦製作所製」と書かれてあるプレートがついていたそうです。丸窓もいい味だしてます。
現在は多目的施設として使用されているそうで、中には入れませんでした。


少し離れた場所に、日本製鋼所が迎賓館として使っていた「瑞泉閣」があります。こちらも構成文化財です。明治44年に大正天皇が皇太子時代に視察に来られた際、宿泊所として建設された建物です。
IMG_2249 (1024x735)
現在、瑞泉閣は改修工事中で見る事ができなかったので、、すぐ近くにある「瑞泉鍛刀所」の見学をさせていただきました。

IMG_2257 (1024x761)
まずは資料館で説明を受けます。
IMG_2259 (1024x760)
大正7年から、なんと、ここで日本刀を作っていたとは‥。
しかも、今でも基本的な製作工程は変わらず作られているそうです。

IMG_2256 (1024x763)
見学時、ちょうどここで製作されていました。
内部も見せていただきました!!

日本刀製作が禁止される時代がありましたが、作刀技術は大切に守り受け継がれ、今日に至るまで、伝統的美術品である日本刀を数多く生み出しているそう。

日本製鋼所が大切にしている「技術技能伝承」「ものづくり」の原点がここにある‥!!

とにかく日本製鋼所の敷地は広かったです‥!!
製鋼工場、特殊溶解工場、鍛錬工場、鍛造工場、熱処理工場、圧延工場、鋼板工場‥
現在の工場敷地面積は1,111,023㎡!
調べてみると、札幌ドームの全体の敷地(屋内アリーナ、野外アリーナ、サッカー場、駐車場など)面積が305,230㎡との事なので、4つ分近い面積(ざっくり過ぎですが‥💦)
室蘭製作所だけで従業員は約680名との事。


多くを見学するため短時間の滞在でしたが、「てつのまち・室蘭」を存分に感じました。
ご案内してくださった皆様、ありがとうございました


さぁ次は、日本製鉄所へ‥
(長くなってしまいましたので、次回にします~)


trackback -- comment --   編集